取引手数料無料キャンペーン実施中[詳しくはこちら]

決済損益のランキング

想定変動幅を1,000pips(10円)、注文間隔を20pipsに設定し、当社のデモ口座で運用しているiサイクル2取引TMをランキング形式で毎週更新しています。iサイクル2取引TMの戦略立てや必要資金の目安にご活用ください。

2019年9月13日現在

1
1
通貨ペア 売買区分 決済損益
miniコース
(1,000通貨コース)
注文間隔 想定変動幅
NZドル/円 113,765円 20pips 1,000pips
利食回数 損切回数 必要資金
miniコース
(1,000通貨コース)
最大ポジション数
決済損益推移
グラフ
チャート
2,547 181 393,500円 50
2
2
通貨ペア 売買区分 決済損益
miniコース
(1,000通貨コース)
注文間隔 想定変動幅
米ドル/円 108,105円 20pips 1,000pips
利食回数 損切回数 必要資金
miniコース
(1,000通貨コース)
最大ポジション数
決済損益推移
グラフ
チャート
4,052 197 472,500円 49
3
3
通貨ペア 売買区分 決済損益
miniコース
(1,000通貨コース)
注文間隔 想定変動幅
豪ドル/円 96,761円 20pips 1,000pips
利食回数 損切回数 必要資金
miniコース
(1,000通貨コース)
最大ポジション数
決済損益推移
グラフ
チャート
3,480 206 404,500円 50
4
4
通貨ペア 売買区分 決済損益
miniコース
(1,000通貨コース)
注文間隔 想定変動幅
ユーロ/米ドル 66,137円 20pips 1,000pips
利食回数 損切回数 必要資金
miniコース
(1,000通貨コース)
最大ポジション数
決済損益推移
グラフ
チャート
3,370 66 484,120円 49
5
5
通貨ペア 売買区分 決済損益
miniコース
(1,000通貨コース)
注文間隔 想定変動幅
ユーロ/円 65,165円 20pips 1,000pips
利食回数 損切回数 必要資金
miniコース
(1,000通貨コース)
最大ポジション数
決済損益推移
グラフ
チャート
5,371 89 494,000円 50

運用成績は、当社デモ環境において検証した結果をランキング表示したものであり、利益を保証するものではございません。
iサイクル2取引TMは、損失が発生することもあります。また検証に使用した設定は、当社が推奨する設定ではございません。
投資判断はお客様ご自身でなさっていただきますようお願いいたします。

想定変動幅と注文間隔

想定変動幅が広く注文間隔が小さい=必要資金は大きい。想定変動幅が狭く、注文間隔が大きい=必要資金は小さい。
  • 想定変動幅が広く、または、注文間隔が小さくなると、ポジション数が多くなる為、必要とする資金は大きくなります。また、利益(または損失)が発生する機会が増えます。
  • 想定変動幅が狭く、または、注文間隔が大きくなると、ポジション数が少なくなる為、必要とする資金は小さくなります。また、利益(または損失)が発生する機会が減ります。

参考期間と想定変動幅

今後の想定変動幅を決める為に、現在から過去の参考にする期間を選びます。
参考期間が短い場合は、直近の相場を参考にして今後の想定変動幅が決まり、逆に参考期間が長い場合は、より過去からの相場を参考にして今後の想定変動幅が決まります。実際にチャートで過去の値動きを見て、どれくらいの想定変動幅にするか決めましょう。

チャートの過去図 過去1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月の想定変動幅

ポジション方向

今後、値段が上がる(円安)と予想するなら「」を選び、値段が下がる(円高)と予想するなら「」を選択します。今後の相場の予測が難しく、「売」「買」の判断をシステムに任せたい場合は、「トレンド」を選択します。「トレンド」機能は、システムが相場状況を見極め、自動的に「買」または「売」を判断します。

ポジション方向の図

トレンドを選択した場合
取引開始後 トレンド転換時:トレンドに合わせて自動で反転

取引開始後はトレンドの転換点にあわせて、「買」または「売」を自動で反転させながら取引を続けます。

ページのトップへ