新着情報|FX|外為オンライン FX取引 − あなたの為の、外為を。

新着情報

[2019/12/10] 英国下院総選挙、及び米国の対中貿易関税に伴う注意事項について

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

12月12日に英国下院総選挙、また12月15日には米国による中国への追加関税発動が予定されています。

それぞれ報道内容によっては、為替相場が急変する可能性があり、配信レートのスプレッド(買値と売値の差)が急拡大することも考えられます。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文約定までに時間を要することもあり、場合によっては注文が約定されない可能性がございます。

なお、指値注文については、約定が完了されるまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合、ロスカット注文の約定が優先されます。

また、情勢によっては週明け月曜日(12月16日)のオープンレートが、週末のクローズレートから大きく乖離してスタートすることも考えられます。このため、お客様のご注文によっては、指定レートと約定レートに乖離が生じること、ロスカットが執行時点のレートから大きく乖離して約定することがも考えられます。お取引に関しては、上記リスクをご勘案の上、ポジション管理等にも十分にご注意いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

本件に関するお問合せは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/12/05] 12月6日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

12月6日(金)、日本時間22時30分に「11月米国雇用統計」の発表が予定されています。「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、その結果は、米国の金融政策動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 

今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が約定されない事がございます。なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

さらに、週明け月曜日(12月9日)の当社サービス開始時の為替レートが週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も考えられます。 

お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/12/03] カバー先金融機関追加のお知らせ

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

当社では2019年12月10日より、店頭FX取引のカバー先金融機関に、ひまわり証券株式会社、株式会社ライブスター証券を追加いたします。

これに伴い、「店頭外国為替証拠金取引説明書」を改定させていただきますので、下記新旧対照表をご確認くださいますようお願い申し上げます。

【改定箇所】新旧対照表参照

店頭外国為替証拠金取引取引説明書新旧対照表(個人・法人のお客様)(PDF)

【ご注意事項】
12月4日(水)7時5分(定期メンテナンス終了時)以降、当社取引システムへログインする際、「事前交付書面における再同意」を求める画面が表示されますので、書面内容をご確認後、同意のお手続きをお願い申し上げます。
また、再同意の手続きに関しては、携帯電話からは行えませんのでご注意ください。パソコン、及びスマートフォンにてお願いいたします。

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

今後も変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

[2019/12/02] 【重要】Windows 7サポート終了に関する重要なお知らせ

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

パソコンOS【Windows7】は2020年1月14日に提供元であるマイクロソフト社のサポートが終了いたします。

サポート終了後は、セキュリティ更新プログラムの提供が終了し、マルウェアへの感染やフィッシング詐欺、情報漏えいといったセキュリティのリスクが高まります。

詳しくはこちらのマイクロソフト社のサイトをご覧ください:Windowsサポート

これに伴い、当社の取引システムにおきましても、【Windows7】のパソコンは、正常かつ、安全にご利用出来ない可能性が高くなる為、当社の推奨環境の「対象外」とさせて頂きます。【Windows 7】のパソコンをお使いのお客様はマイクロソフト社のサポートが終了する2020年1月14日までに当社推奨環境のパソコンをご用意いただくか、アップグレードをご検討くださいますようお願い申し上げます。

当社推奨環境はこちらをご覧ください:推奨環境はこちら

なお、お使いのパソコンに関するご質問は、直接メーカー様へお問合せくださいますようお願い申し上げます。お客様には大変ご不便をお掛けいたしますが、何とぞご理解賜りますようお願いいたします。

[2019/11/20] 【重要】支払調書の作成に伴う登録情報ご確認のお願い

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

支払い調書作成に伴いまして、取引口座登録情報のご確認をお願い致します。

金融商品取引業者は、FX取引(外国為替証拠金取引)を該当期間(1/1〜12/31)に売買された個人のお客様における年間の確定損益について、取引会社(金融商品取引業者)管轄の税務署に提出することが、義務付けられています。

従いまして、お取引実績のある個人のお客様は、当該支払調書を作成する金融商品取引業者に対し、氏名および住所を告知していただくことが法令上義務付けられています。
 
このため、該当するお客様で当社に登録済みのご住所等に変更があった場合、速やかに変更手続きを行っていただきますようお願い申し上げます。 

<個人のお客様>
■お名前を変更する場合ご住所を変更する場合

<法人のお客様>
■名称を変更する場合所在地(住所)を変更する場合

※「支払調書」は、お客様(ご契約者様)へご送付するものではなく、当社(金融商品取引業者)から管轄税務署宛てに提出する税務関連の報告書類です。

※当社が提出する本年分の「支払調書」の記載については、当社の年始営業日から年末営業日終了時までに行われた全ての決済取引より確定した取引損益と、スワップ受け払いの合計額となります。

なお、その他の事項(申請されたEメール、年収、自己資産等)にご変更がある場合も下記をご参照のうえ、速やかにお手続きいただきますようお願い申し上げます。

■各種変更手続きについて

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/10/18] 10月31日英国のEU離脱期限、及び11月1日米国雇用統計発表に伴う注意事項について

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

10月31日には英国のEU離脱期限、また11月1日(金)日本時間21時30分には「10月米国雇用統計」の発表が予定されています。

EU離脱に関する報道、また雇用統計発表前後の時間帯では、その内容や結果によっては為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が約定されない事がございます。なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

さらに、週明け月曜日(10月21日、10月28日、11月4日)の当社サービス開始時の為替レートが週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も考えられます。 

お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/10/15] 令和元年台風第19号による災害に遭われたお客様へ

令和元年台風第19号による災害に遭われた皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

当社では、この度の災害により災害救助法の適用を受けた地域のお客様につきまして、可能な限りのご支援をさせていただきます。

【災害救助適用法の適用市町村】
全国13都県 315市区町村(2019年10月14日現在)

最新の災害救助法適用市町村につきましては、内閣府防災情報をご確認ください。

本件に関するご相談、その他、当社のお取引に関してお困りごとがございましたら、当社カスタマーサポートセンターまでお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

【お問い合わせ先】
カスタマーサポートセンター
フリーダイヤル:0120-465-104(月〜金 9:00〜17:00)

被災地の一日も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。

[2019/10/15] ご登録情報(ご氏名・ご住所等)の確認のお願い

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

当社では法令に基づき、お客様の登録情報の適正管理を行なっております。

氏名および住所、その他(メールアドレス、電話番号、年収自己資産等)変更された場合は、速やかに変更手続きを行っていただきますようお願い申し上げます。
 
変更手続きにつきましては、よくあるご質問各種変更手続きについてをご参照ください。

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/10/11] 【重要】米国標準時間移行に伴う取引時間変更のお知らせ

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2019年11月3日(11月第1日曜日)からの米国標準時間適用に伴い、下記の通り取引時間等が変更されますので、ご案内いたします。

米国標準時間:11月3日より

-----------------------------------
 店頭FX取引
-----------------------------------
【取引時間】
月曜日:
午前7時00分〜翌朝午前6時55分

火〜金曜日:
午前7時05分〜翌朝午前6時55分
    
【メンテナンス時間】
火〜金曜日:
午前6時55分〜午前7時05分

土曜日:
午前6時55分〜正午12時

【証拠金判定時間】
火〜土曜日:午前6時45分
(個人口座L25Rコース、L25Rminiコース以外の全てのコースが対象)

【取引証拠金算出時間】
火〜金曜日:午前7時00分(個人)  

-----------------------------------
 くりっく365
-----------------------------------
【取引時間】対円通貨
月曜日:
午前7時10分〜翌朝午前6時55分

火〜木曜日:
午前7時55分〜翌朝午前6時55分

金曜日:
午前7時55分〜翌朝午前6時00分

【取引時間】クロスカレンシー
月曜日:
午前7時10分〜翌朝午前6時25分

火〜木曜日:
午前7時55分〜翌朝午前6時25分

金曜日:
午前7時55分〜翌朝午前5時30分

プレオープンおよび付合せ時間の変更に関してはこちらからご確認ください。

※「くりっく365」につきましては、取引開始前の10分間(月曜日は1時間)は、プレオープン時間帯となります。 プレオープン時間はご注文の発注、取消、訂正は可能ですが約定はいたしません。
※全て日本時間です。

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/10/08] 特許侵害訴訟判決に関するお知らせ

株式会社外為オンライン(以下「当社」といいます。)が、お客様向けに2019年2月までサービスを提供しておりました「iサイクル注文」について、株式会社マネースクウェアHDより特許権に基づき、「iサイクル注文」をお客様に提供するサーバの使用の差止めを求める訴訟の提起(株式会社マネースクウェアHDからの3件目の訴訟の提起)を2017年7月19日に受けておりました。

第一審の東京地方裁判所においては、2018年10月24日に原告である株式会社マネースクウェアHDの請求を認める判決が言い渡されましたが、これに対して当社は控訴を提起しておりました。
本日2019年10月8日に控訴審である知的財産高等裁判所において、控訴人である当社の請求を棄却する判決が言い渡された事をお知らせいたします。

本判決において、当社の主張が認められなかったことは、甚だ遺憾であり、本判決の内容を十分に精査し、今後の対応を検討致します。
なお、「iサイクル注文」は既に2019年2月にサービスの提供を終えており、本判決によるお客様への影響は何らございません。お客様にはご心配をおかけします事、深くお詫び申し上げます。

【本件に関するお問い合わせ先】
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/10/03]10月4日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

10月4日(金)、日本時間21時30分に「9月米国雇用統計」の発表が予定されています。「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、その結果は、米国の金融政策動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 

今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が約定されない事がございます。なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

さらに、週明け月曜日(10月7日)の当社サービス開始時の為替レートが週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も考えられます。 

お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/09/13] 台風第15号による災害に遭われたお客様へ

台風第15号の影響による災害に遭われた皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

当社では、この度の台風第15号の影響による災害により災害救助法の適用を受けた地域のお客様につきまして、可能な限りのご支援をさせていただきます。

災害救助適用法の適用市町村(2019年9月13日現在)

【千葉県】25市15町1村

最新の災害救助法適用市町村につきましては、内閣府防災情報をご確認ください。

本件に関するご相談、その他、当社のお取引に関してお困りごとがございましたら、当社カスタマーサポートセンターまでお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

【お問い合わせ先】
カスタマーサポートセンター
フリーダイヤル:0120-465-104(月〜金 9:00〜17:00)

被災地の一日も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。

[2019/09/10] 消費税増税に伴う手数料改定について

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2019年10月1日から消費税増税に伴い、手数料を下記の通り改定いたしますのでご案内申し上げます。

< くりっく365ラージ >
現行:1,080円→10月1日(※)より:1,100円
(※)10月1日午前6時55分〜の約定より適用

< 各種明細書類作成手数料 >
現行:2,160円→10月1日より:2,200円

なお、「iサイクル2取引」、「サイクル2取引」の手数料は現行通りとさせていただきます。

【miniコース】
1,000通貨あたり(南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は10,000通貨あたり)20円
【通常コース】
10,000通貨あたり(南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は100,000通貨あたり)200円

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/09/05] 9月6日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

9月6日(金)、日本時間21時30分に「8月米国雇用統計」の発表が予定されています。「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、その結果は、米国の金融政策動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 

今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が約定されない事がございます。なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

さらに、週明け月曜日(9月9日)の当社サービス開始時間の為替レートが週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も考えられます。 

お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/08/29] 令和元年8月の前線に伴う大雨により被害に遭われたお客様へ

令和元年8月の前線に伴う大雨に係る被害に遭われた皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

当社では、この度の前線に伴う大雨により被害を受けられた災害救助法の適用を受けた地域のお客様につきまして、可能な限りのご支援をさせていただきます。

災害救助適用法の適用市町村(2019年8月29日現在)

【佐賀県】全20市町村

最新の災害救助法適用市町村につきましては、内閣府防災情報をご確認ください。

本件に関するご相談、その他、当社のお取引に関してお困りごとがございましたら、当社カスタマーサポートセンターまでお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

【お問い合わせ先】
カスタマーサポートセンター
フリーダイヤル:0120-465-104(月〜金 9:00〜17:00)

被災地の一日も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。

[2019/08/01] 8月2日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

8月2日(金)、日本時間21時30分に「7月米国雇用統計」の発表が予定されています。「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、その結果は、米国の金融政策動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 

今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が約定されない事がございます。なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

さらに、週明け月曜日(8月5日)の当社サービス開始時間の為替レートが週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も考えられます。 

お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/07/31] ブラウザGoogleChromeからログインされる際の注意事項について

この度、ブラウザGoogleChromeがバージョンアップ(バージョン76.0.3809.87)した事により、ブラウザGoogleChromeでは、Flashのコンテンツがブロックされるようになりました。

これにより、ブラウザGoogleChromeにて当社取引システムにログインされる際は、下記「GoogleChromeからログインする操作手順」をご参照のうえ、ログインして下さい。

GoogleChromeからログインする手順 (PDF)

なお、Internet Explorer、Microsoft Edge、Firefoxをご利用のお客様は通常通りログインいただけます。

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/07/31] カバー先金融機関追加のお知らせ

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

当社では2019年8月1日より、店頭FX取引のカバー先金融機関に、CGS-CIMB証券を追加いたします。

これに伴い、「店頭外国為替証拠金取引説明書」を改定させていただきますので、下記新旧対照表をご確認くださいますようお願い申し上げます。

【改定箇所】新旧対照表参照(PDF)

ご不明な点がございましたら、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル : 0120-465-104)までお問い合わせください。

今後も変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

[2019/07/08] ご登録情報(ご氏名・ご住所等)の確認のお願い

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

当社では法令に基づき、お客様の登録情報の適正管理を行なっております。

氏名および住所、その他(メールアドレス、電話番号、年収自己資産等)変更された場合は、速やかに変更手続きを行っていただきますようお願い申し上げます。
 
変更手続きにつきましては、よくあるご質問各種変更手続きについてをご参照ください。

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/07/04] 7月5日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

7月5日(金)、日本時間21時30分に「6月米国雇用統計」の発表が予定されています。「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、その結果は、米国の金融政策動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 

今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が約定されない事がございます。なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

さらに、週明け月曜日(7月8日)の当社サービス開始時間の為替レートが週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も考えられます。 

お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/06/26] 米中首脳会談に伴う注意事項について

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

2019年6月28日〜29日に大阪で開催されるG20の期間中、米中首脳会談が予定されています。今会談の結果によっては、世界経済また世界の金融市場に大きな影響を及ぼす可能性があるため、会談前後においてレートが急変する場合や、スプレッド(買値と売値の差)が継続的に拡大する可能性があります。

これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することもあり、場合によって注文が約定されない可能性がございます。

さらに、週明け月曜日(7月1日)の当社サービス開始時間の為替レートが週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も考えられます。 

なお、指値、逆指値注文の約定が完了されるまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値、逆指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/06/06] 6月7日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

6月7日(金)、日本時間21時30分に「5月米国雇用統計」の発表が予定されています。「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、その結果は、米国の金融政策動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 

今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が約定されない事がございます。
なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

さらに、週明け月曜日(6月10日)の当社サービス開始時間の為替レートが週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も考えられます。 

お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/05/20] カバー先金融機関追加のお知らせ

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

当社では2019年5月22日より、店頭FX取引のカバー先金融機関に、バークレイズ銀行を追加いたします。

これに伴い、「店頭外国為替証拠金取引説明書」を改定させていただきますので、下記新旧対照表をご確認くださいますようお願い申し上げます。

【改定箇所】新旧対照表参照(PDF)

ご不明な点がございましたら、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル : 0120-465-104)までお問い合わせください。

今後も変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

[2019/05/02] 5月3日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

5月3日(金)、日本時間21時30分に「4月米国雇用統計」の発表が予定されています。「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、その結果は、米国の金融政策動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 

今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が約定されない事がございます。
なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

さらに、週明け月曜日(5月6日)の当社サービス開始時間の為替レートが週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も考えられます。 

お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/04/19] 取引に関する重要事項について

平素は、外為オンラインをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

取引に関する重要事項についてご案内申し上げます。

既報の通り、本年のゴールデンウィークは10連休となりますが、連休中は為替市場の流動性が著しく低下する場合があり、その影響で為替レートのスプレッド(売値と買値の差)が急拡大することや、レートが大きく乱高下する場合もあります。

本年1月3日早朝、ほぼ全ての通貨ペアで市場が急落しましたが、年末年始であったため、市場の流動性が著しく低下していたところに、所謂アップルショックの影響でレートが大きく乱高下しました。これによりロスカットや逆指値が指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)し、預託金以上の損失が発生したケースがありました。

このような場合も鑑み、連休期間中はFX口座残高に対し、保有ポジションを少なくして管理する等、ロスカットルールに掛かり難い取引を推奨いたします。

また、連休中のFX口座への入金に関して、通常入金(ATMや銀行窓口からの振込み送金)では、FX口座へ反映(入金)出来ませんのでご注意願います。(クイック入金は連休中も利用可)

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/04/09] ゴールデンウィーク(10連休)中の注意事項について

平素は、外為オンラインをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

ゴールデンウィーク(10連休)中の取引に関する注意事項をご案内申し上げます。

本年のゴールデンウィークは10連休となりますが、連休中は為替市場の流動性が著しく低下する場合があり、その影響で為替レートのスプレッド(売値と買値の差)が急拡大する可能性があります。また流動性が低下することで、注文が正常に約定しない場合も考えられます。更に、市場の状況が急変したりレートが乱高下する場合もありますので、ご資金に余裕を持ったお取引をお願いいたします。

お取引は祝日も含め通常通り行えますが、入出金のスケジュールは異なります。
詳しくは「ゴールデンウィーク期間の入出金について」をご確認下さい。

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

金融先物取引業協会の「一般投資家向け注意喚起文書」はこちら

[2019/04/09] ゴールデンウィーク(10連休)中の入出金について

平素は、外為オンラインをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

ゴールデンウィーク(10連休)中の入出金についてご案内申し上げます。

入出金のスケジュールは通常と異なります。
詳しくは「ゴールデンウィーク期間の入出金について」をご確認下さい。

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/04/04] 4月5日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

4月5日(金)、日本時間21時30分に「3月米国雇用統計」の発表が予定されています。「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、その結果は、米国の金融政策動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 

今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が約定されない事がございます。
なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

さらに、週明け月曜日(4月8日)の当社サービス開始時間の為替レートが週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も考えられます。 

お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/04/01] ご登録情報(ご氏名・ご住所等)の確認のお願い

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

当社では法令に基づき、お客様の登録情報の適正管理を行なっております。

氏名および住所、その他(メールアドレス、電話番号、年収自己資産等)変更された場合は、速やかに変更手続きを行っていただきますようお願い申し上げます。
 
変更手続きにつきましては、よくあるご質問各種変更手続きについてをご参照ください。

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/03/28] トルコ統一地方選挙等に伴う注意事項について

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

トルコでは、3月31日(日)に統一地方選挙が実施される予定となっています。また、3月25日(月)以降、トルコ中央銀行によりトルコリラの供給が制限されており、外国為替市場で当該通貨の流動性が急激に低下しています。この影響により、レートが非表示となる事やスプレッドが拡大する事、市場が急変しレートが大きく乱高下する事が考えられます。

また、逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがあり、注文が約定するまでに時間を要し、場合によって注文が約定されない可能性もございます。
なお、指値注文の約定が完了されるまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されますので、ご注意下さい。

特に今週末の選挙情勢によっては、週明け4月1日月曜日のオープンレートが、週末のクローズレートから大きく乖離してスタートすることも考えられます。お客様のご注文によっては、指定レートと約定レートに乖離が生じることや、ロスカットが執行時点のレートから大きく乖離して約定することも考えられます。

お取引に関しては、上記リスクをご勘案の上、ポジション管理等にも十分にご注意いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

本件に関するお問合せは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/03/13] 英国の欧州連合脱退(BREXIT)に関する注意事項について

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

BREXIT関連でのマーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

3月12日、13日、14日(日本時間では13日、14日、15日のそれぞれ未明から早朝)、英議会において欧州連合からの脱退に関する議案の採決が相次ぐ予定です。

採決の結果等によっては、為替相場に多大な影響を及ぼす場合があり、配信レートのスプレッド(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することもあり、場合によって注文が約定されない可能性もございます。

なお、指値注文の約定が完了されるまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されますので、ご注意下さい。

また、取引終了時(メンテナンス開始時間:午前5時55分)のレートと取引開始時(メンテナンス終了時:6時05分)のレートが大きく乖離してスタートすることも考えられます。このため、お客様のご注文によっては、指定レートと約定レートに乖離が生じることや、ロスカットが執行時点のレートから大きく乖離して約定することも考えられます。

お取引に関しては、上記リスクをご勘案の上、ポジション管理等にも十分にご注意いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

本件に関するお問合せは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/03/07] 3月8日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

3月8日(金)、日本時間22時30分に「2月米国雇用統計」の発表が予定されています。「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、その結果は、米国の金融政策動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 

今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が約定されない事がございます。なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

さらに、週明け月曜日(3月11日)の当社サービス開始時間の為替レートが週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も考えられます。 

お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/02/22]【重要】米国夏時間(サマータイム)移行に伴う取引時間変更のお知らせ

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2019年3月10日(3月第2日曜日)からの米国夏時間(サマータイム)適用に伴い、下記の通り取引時間等が変更されますので、ご案内いたします。

夏時間(サマータイム):3月10日より

-----------------------------------
 店頭FX取引
-----------------------------------
【取引時間】
 月曜日:
 午前7時00分〜翌朝午前5時55分

 火〜金曜日:
 午前6時05分〜翌朝午前5時55分
    
【メンテナンス時間】
 火〜金曜日:
 午前5時55分〜午前6時05分

 土曜日:
 午前5時55分〜正午12時

【証拠金判定時間】
 火〜土曜日:午前5時45分
(個人口座L25Rコース、L25Rminiコース以外の全てのコースが対象)

【取引証拠金算出時間】
 火〜金曜日:午前6時00分(個人)  

-----------------------------------
 くりっく365
-----------------------------------
【取引時間】対円通貨
 月曜日:
 午前7時10分〜翌朝午前5時55分

 火〜木曜日:
 午前6時55分〜翌朝午前5時55分

 金曜日:
 午前6時55分〜翌朝午前5時00分

【取引時間】クロスカレンシー
 月曜日:
 午前7時10分〜翌朝午前5時25分

 火〜木曜日:
 午前6時55分〜翌朝午前5時25分

 金曜日:
 午前6時55分〜翌朝午前4時30分

プレオープンおよび付合せ時間の変更に関してはこちらからご確認ください

※「くりっく365」につきましては、取引開始前の10分間(月曜日は1時間)は、プレオープン時間帯となります。 プレオープン時間はご注文の発注、取消、訂正は可能ですが約定はいたしません。

※全て日本時間です。 本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/02/18] 「iサイクル注文®」及び「サイクル2取引™」バージョンアップのお知らせ

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。
当社は、2019年3月4日(月)より、「iサイクル注文®」のバージョンアップ版となる「iサイクル2取引™」のサービス提供を開始致します。

プレスリリースはこちら(PDF)

「iサイクル2取引™」の特長と致しましては、従来の「iサイクル注文®」では、注文をIFDONE+OCO指値注文にて執行していた為、新規IFDONE指値注文の未約定の注文に対し、必要な取引証拠金(注文中証拠金)が、お客様が設定した最大ポジション数の分必要となっておりましたが、「iサイクル2取引™」は指値注文によるトリガー型の約定処理でなく、アルゴリズムによりダイナミクスに約定処理されるよう変更致します。本約定処理の変更により、注文中証拠金の拘束がなく、従来の「iサイクル注文®」と比較し、お客様の資金を効率良く運用する事が期待できます。

なお、2019年3月2日(土)6:55まで「iサイクル注文®」を運用中のお客様におかれましては、「iサイクル2取引™」へ自動的にデータを含めて取引の移行を実施致します。移行により、注文の執行方法がIFDONE+OCO指値注文からアルゴリズムによるダイナミクス約定処理に変更となりますが、実質的に現在運用中の「iサイクル注文®」の意図する条件にて「iサイクル2取引™」の運用が継続されます。敢えて「iサイクル2取引™」への移行をご希望されないお客様は、2019年2月25日までに当社までお申し出ください。

また、「サイクル2取引™」取引における決済指値につきましても、指値注文によるトリガー型の約定処理でなく、アルゴリズムによりダイナミクスに約定処理されるよう変更いたします。

今後も変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/02/18]【重要】店頭外国為替証拠金取引、及び取引所外国為替証拠金取引事前交付書面の改定について

平素は外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

iサイクル2取引™のサービス提供に伴い、「店頭外国為替証拠金取引約款・規定集」「店頭外国為替証拠金取引説明書」及び「取引所外国為替証拠金取引説明書」を改定いたしますので、下記新旧対照表をご確認くださいますようお願いいたします。

【改定箇所】新旧対照表参照
店頭外国為替証拠金取引約款・規定集(個人・法人のお客様共通)新旧対照表(PDF)
店頭外国為替証拠金取引説明書(個人・法人のお客様共通)新旧対照表(PDF)
取引所外国為替証拠金取引説明書 新旧対照表(PDF)

なお、この度の改定について異議がある場合は、適用告知期間内に申し出るものとし、当該期間内に申し出がないときは、「店頭外国為替証拠金取引約款」「取引所外国為替証拠金取引約款」の第27条に基づき、ご同意いただいたものとさせていただきます。ご理解賜りますようお願い申し上げます。

・適用日:2019年3月4日より適用 
・改定告知期間:2019年2月18日〜2019年3月1日
※「店頭外国為替取引約款」「取引所外国為替証拠金取引約款」第27条に基づく告知期間(回答期間)

改定に伴いまして2月19日(メンテナンス終了後)以降ログインいただく際に「契約締結前交付書面」への再同意が必要となります。事前交付書面に係る再同意につきましては、パソコン、スマートフォンからのみ操作が可能となり携帯電話(所謂ガラケー)からの操作は出来ません。

同意方法につきましてはよくあるご質問をご参照ください。

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/01/29] 重要イベントに伴う注意事項について

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

今週(29日〜2月1日)は、「英議会での離脱修正案の採決(29日)」「FOMC政策金利の発表(30日 28時、パウエル議長会見予定(28時30分))」「米中通商協議(30日〜31日)」「(米国)雇用統計(2月1日 22時30分)」等が予定されております。

発表や結果等によっては、為替相場に多大な影響を及ぼす場合があり、配信レートのスプレッド(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することもあり、場合によって注文が約定されない可能性もございます。

なお、指値注文の約定が完了されるまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されますので、ご注意下さい。

また、週末の情勢によっては、週明け2月4日月曜日のオープンレートが、週末のクローズレートから大きく乖離してスタートすることも考えられます。このため、お客様のご注文によっては、指定レートと約定レートに乖離が生じることや、ロスカットが執行時点のレートから大きく乖離して約定することも考えられます。

お取引に関しては、上記リスクをご勘案の上、ポジション管理等にも十分にご注意いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

本件に関するお問合せは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/01/15] 英国におけるEU離脱案の議会採決に伴う注意事項について

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

1月15日(現地時間・日本時間16日)に、英議会にて、EUと合意した離脱協定案に対する採決が予定されています。

採決結果によっては、為替相場に多大な影響を及ぼす場合や、配信レートのスプレッド(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することもあり、場合によって注文が約定されない可能性がございます。

なお、指値注文の約定が完了されるまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

また、今週末までの政情等によっては、週明け1月21日月曜日のオープンレートが、週末のクローズレートから大きく乖離してスタートすることも考えられます。このため、お客様のご注文によっては、指定レートと約定レートに乖離が生じること、ロスカットが執行時点のレートから大きく乖離して約定することがも考えられます。

お取引に関しては、上記リスクをご勘案の上、ポジション管理等にも十分にご注意いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

本件に関するお問合せは、当社カスタマーサポートセンター(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2019/01/01] 2019年新春のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
2019年の年頭にあたり、謹んで新春のお慶びを申し上げます。

昨年のドル円相場は、1ドル=112円台からスタートした後、しばらく113円台を推移し、3月に104円半ばまで下落しましたが、10月にかけて114円半ばまで大きく反発しました。しかし、上下ともに決め手を欠いたドル円の年間値幅は、10円以内に留まり1年を通して動意に乏しい年となりました。

この様な状況のなか、当社は、全国各地でのセミナーの開催や、投資初心者から上級者までのお客様をサポートする各種レポートの配信など、情報発信を積極的に行って参りました。また、お客様に安心してお取引頂く為にサイバーセキュリティ対策への投資を積極的に実施致しました。更に情報セキュリティ問題を専門に扱うインシデント対応チームを社内に設置し、お客様に信頼頂けるお取引環境の提供に努めて参りました。

今年も「あなたの為の、外為を。」をモットーに全社員一丸となって、お客様の利便性の向上を追求して参ります。引き続き外為オンラインをご支援賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2019年1月1日
株式会社外為オンライン 代表取締役社長 古作 篤

[2018/12/28] 1月4日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

1月4日(金)、日本時間22時30分に「2018年12月米国雇用統計」の発表が予定されています。「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、その結果は、世界的な景気動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 

今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が約定されない事がございます。なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

さらに、週明け月曜日(1月7日)の当社サービス開始時間の為替レートが週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も考えられます。 

お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター 
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/12/14]【重要】年末年始の営業時間についてご案内

平素は、外為オンラインをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
年末年始の営業時間等について、お知らせいたします。

詳細は【重要】年末年始の営業時間のご案内をご覧ください。

【年末年始のお取引に関するご注意事項】
・年末年始は、外国為替市場の流動性が著しく低下する場合があり、その影響で為替レートのスプレッド
 (売値と買値の差)が急拡大する可能性があります。これにより注文が正常に約定しない場合も
 考えられますので、お取引については十分にご注意いだだきますようお願いいたします。
 また、休日前の最終レートと、休日明けの開始レートが大きく乖離した場合、指値注文の約定は
 開始レートより不利になる(逆指値注文の約定は指定レートより不利になる)場合がありますので
 ご注意ください。
 ※市場が急変する場合もありますので、ご資金に余裕を持ったお取引をお願いいたします。

・「クイック入金」にて正常(即時)に入金処理が完了しなかった場合は、金融機関の営業日で
 2営業日程度の時間を要します。通常入金では、お客様名義以外での入金があった場合、反映に時間を
 要する場合や反映が出来ない場合があります。

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/12/06] 12月7日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

12月7日(金)、日本時間22時30分に「米国11月雇用統計」の発表が 
予定されています。 
「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、 
その結果は、世界的な景気動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の 
時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 
 
今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド 
(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及び 
ロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、 
指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。 
また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が 
約定されない事がございます。 
なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った 
場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。 
 
さらに、週明け月曜日(12月10日)の為替市場のオープンレートが 
週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、 
ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も 
考えられます。 
 
お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、 
十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター 
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/11/29] 米中首脳会談に伴う注意事項について

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

マーケット急変の可能性について、ご案内申し上げます。

ブエノスアイレスでのG20開催期間中、現地12月1日(土)に米中首脳会談が予定されています。

今回の会談については、世界的な貿易問題の行方が注目されているため、会談内容によっては
為替相場に多大な影響を及ぼす場合や、配信レートのスプレッド(買値と売値の差)が急拡大
する場合があります。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離し
て約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定する
ことがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することもあり、場合によって注文が
約定されない可能性がございます。

なお、指値注文の約定が完了されるまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、
指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

また、週明け12月3日月曜日のオープンレートが、週末のクローズレートから大きく乖離して
スタートすることも考えられます。このため、お客様のご注文によっては、指定レートと約定レ
ートに乖離が生じること、ロスカットが執行時点のレートから大きく乖離して約定することがも
考えられます。

お取引に関しては、上記リスクをご勘案の上、ポジション管理等にも十分に
ご注意いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

本件に関するお問合せは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/11/27]【重要】支払調書の作成に伴う登録情報ご確認のお願い

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

支払い調書作成に伴いまして、取引口座登録情報のご確認をお願い致します。

金融商品取引業者は、FX取引(外国為替証拠金取引)を取引された個人のお客様における
年間の確定損益(1/1〜12/31までのスポット損益およびスワップ損益)の情報について、
取引会社(金融商品取引業者)管轄の税務署に提出することが、義務付けられています。

従いまして、お取引実績のある個人のお客様は、当該支払調書を作成する金融商品取引業者に
対し、氏名および住所を告知していただくことが法令上義務付けられています。
 
このため、該当するお客様で当社に登録済みのご住所等に変更があった場合、速やかに
変更手続きを行っていただきますようお願い申し上げます。 

<個人のお客様>
■お名前を変更する場合ご住所を変更する場合

<法人のお客様>
■名称を変更する場合所在地(住所)を変更する場合

※「支払調書」は、お客様(ご契約者様)へご送付するものではなく、当社(金融商品取引業者)
 から管轄税務署宛てに提出する税務関連の報告書類です。

※当社が提出する本年分の「支払調書」の記載については、当社の年始営業日から 
 年末営業日終了時までに行われた全ての決済取引より確定した取引損益と、
 スワップ受け払いの合計額となります。

なお、その他の事項(申請されたEメール、年収、自己資産等)にご変更がある場合も
下記をご参照のうえ、速やかにお手続きいただきますようお願い申し上げます。

■各種変更手続きについて

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/11/01] 米国雇用統計発表、および米国中間選挙に伴う注意事項について

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

11月2日(金)の日本時間午後9時30分に、「米国10月雇用統計」の発表、
また11月6日(火)には、米国中間選挙が実施されます。
特に「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する経済指標であり、その結果は、
世界的な景気動向を計る上でも重要視されることから、発表前後の時間帯では
為替レートが急激に変動する傾向があります。

今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド
(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、
及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、
指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。
また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によって注文が約定
されない事がございます。
なお、注文の約定が完了されるまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った
場合は、指値注文での約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

さらに、統計結果および選挙関連の報道により、週明け月曜日のオープンレートが、
週末のクローズレートから大きく乖離してスタートすることも考えられます。
このため、お客様のご注文によっては、指定レートと約定レートに乖離が生じることも
考えられます。
お取引に関しては、上記リスクをご勘案の上、ポジション管理等にも十分にご注意いた
だきますよう、重ねてお願い申し上げます。

本件に関するお問合せは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/10/31] 店頭取引口座での「トルコリラ/円」「メキシコペソ/円」の取扱い開始について

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2018年11月5日(月)より店頭取引口座(外為オンラインFX)において、
「トルコリラ/円」「メキシコペソ/円」の取扱いを開始いたします。

パソコンからお取引いただく場合、以下の方法にて取引画面より通貨ペア設定をいただく必要がございます。


<通貨ペア設定>
ログイン後、「設定」→「通貨ペア設定」→【選択済み通貨ペア】に移動→[適用]

また、スマートフォンアプリからお取引いただく場合、アプリをバージョンアップ※する
必要がございます。

※ios7以下のiPhoneをご利用のお客様はの場合は、バージョンアップしたアプリを
 インストールする事ができません。OSのバージョンアップをご検討下さい。
 NTTdocomoの「iアプリ」からはお取引いただく事は出来ません。予めご了承下さい。
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/10/29] 特許侵害訴訟勝訴の判決に関するお知らせ

株式会社外為オンライン(以下、「当社」といいます)が顧客向けにサービスを提供する
「iサイクル注文®」について、株式会社マネースクウェアHDより特許権侵害に基づき、
顧客に提供するためのサーバの使用差し止めを求める訴訟を2016年6月29日
(株式会社マネースクウェアHDからの2件目の訴訟提起)に受けておりました。

第一審の東京地方裁判所においては、2017年7月20日に株式会社マネースクウェアHDの
請求を全て棄却する内容の判決が言渡されましたが、これに対して同社から控訴が提起
されておりました。
 
本日2018年10月29日に控訴審である知的財産高等裁判所において、控訴人である
株式会社マネースクウェアHDの請求を棄却する当社全面勝訴の判決が言い渡された事を
お知らせいたします。

今回の判決において、当社の主張が裁判所によって認められ、「iサイクル注文®」の
正当性は揺るがないものと考えております。なお、2017年7月19日付にて
株式会社マネースクウェアHDより本訴訟とは別に提起された差止請求訴訟に関しましては、
現在、控訴手続き中ではございますが、引き続き当社の主張が認められるよう対応していく
所存でございます。

 ニュースリリースはこちらから(PDF)

【本件に関するお問い合わせ先】
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/10/24] 特許侵害訴訟判決に関するお知らせ

株式会社外為オンライン(以下、「当社」といいます)が顧客向けにサービスを提供する
「iサイクル注文®」について、株式会社マネースクウェアHDより、2017年7月19日、
特許権に基づき、「iサイクル注文®」を顧客に提供するためのサーバの使用差し止めを
求める訴訟(株式会社マネースクウェアHDからの3件目の訴訟提起)を提起されておりました。

本日2018年10月24日に東京地方裁判所において、原告である株式会社マネースクウェアHDの
請求を認める判決が言い渡された事をお知らせいたします。

今回の判決は、当社の主張が認められず、甚だ遺憾であり、引続き控訴審において当社の正当性を
主張して参ります。

なお、「iサイクル注文®」のサーバの使用差し止め請求に関する東京地方裁判所の判決は、
これに対する控訴の為、直ちに確定しません。判決の確定までは、「iサイクル注文®」を
問題なく継続してご利用頂けます。

仮に、控訴審において特許侵害の指摘箇所が明確になった場合、より確実な特許侵害の回避及び、
更なる機能強化を行った新しい注文を開発する事により(既にiサイクル注文®をご利用の
お客様のデータは自動的に移行されます。)、お客様にご迷惑をお掛けする事の無いよう
対処する所存でございます。お客様にはご心配をおかけします事、深くお詫び申し上げます。

 ニュースリリースはこちらから(PDF)

【本件に関するお問い合わせ先】
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/10/18]【重要】米国標準時間移行に伴う取引時間変更のお知らせ

2018年11月4日(11月第1日曜日)からの米国標準時間適用に伴い、
取引時間等を下記の通り変更いたします。
 
                    記

【米国標準時間:11月4日から適用】
	
■店頭FX取引
取引時間      月 曜 日:午前7時00分 〜 翌朝午前6時55分
          火〜金曜日:午前7時05分 〜 翌朝午前6時55分
    
メンテナンス時間  火〜金曜日: 午前6時55分 〜 午前7時05分
            土  曜  日: 午前6時55分 〜 正午12時

証拠金判定時間   火〜土曜日:午前6時45分
(個人口座L25Rコース、L25R miniコース以外の全てのコースが対象)
取引証拠金算出時間 火〜金曜日:午前7時00分  
  
■くりっく365
取引時間

・対円通貨     月 曜 日:午前7時10分 〜 翌朝午前6時55分
          火〜木曜日:午前7時55分 〜 翌朝午前6時55分
          金 曜 日:午前7時55分 〜 翌朝午前6時00分
・クロスカレンシー 月 曜 日:午前7時10分 〜 翌朝午前6時25分
          火〜木曜日:午前7時55分 〜 翌朝午前6時25分
          金 曜 日:午前7時55分 〜 翌朝午前5時30分

プレオープンおよび付合せ時間の変更に関しましては、こちらからご確認ください。


※取引開始前の10分間(月曜日は1時間)は、プレオープン時間帯となります。 
 プレオープン時間はご注文の発注、取消、訂正は可能ですが約定はしません。
※全て日本時間

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/10/04] 10月5日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。 
 
10月5日(金)、日本時間21時30分に「米国9月雇用統計」の発表が 
予定されています。 
「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、 
その結果は、世界的な景気動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の 
時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 
 
今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド 
(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及び 
ロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、 
指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。 
また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が 
約定されない事がございます。 
なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った 
場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。 
 
さらに、週明け月曜日(10月8日)の為替市場のオープンレートが 
週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、 
ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も 
考えられます。 
 
お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、 
十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター 
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/10/04] クイック入金対応銀行(セブン銀行)追加のお知らせ

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

「クイック入金」サービスにつきまして、
新たに本日より、「セブン銀行」がご利用可能になりましたのでお知らせします。

ご利用される場合は、取引画面の入出金メニューから「クイック入金」をお選びください。
スマートフォンアプリをご利用のお客様は、メニュー画面の入出金から「クイック入金」を
お選びください。

当社では、今回セブン銀行が加わったことで、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、
りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、
楽天銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行の計12行がご利用可能となりました。

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願い致します。

今後も変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

[2018/10/01]【重要】10月1日「福岡FXセミナー」中止のお知らせ

本日(10月1日)、福岡にて開催予定のFXセミナーですが、
台風の影響により中止させていただきます。

ご参加予定のお客様には、大変ご迷惑お掛けし申し訳ございません。
何とぞ、ご理解賜りますようお願い申し上げます。 

なお、10月2日の「福岡FXセミナー」については開催する予定です。

[2018/09/19]【重要】ログインID・パスワード 再発行の方法についてご案内

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

本日より、ログインID、およびパスワードの再発行の方法が変わりましたのでご案内いたします。
詳しくは下記のご案内をご参照ください。

 ログインID・パスワード 再発行の方法について(PDF)

なお、スマートフォンから再発行する場合は、下記のページからお願いいたします。
 【スマートフォン専用】ログインID・パスワードお問い合わせ受付入力画面

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/09/07] 北海道胆振地方を震源とする地震の被害に遭われたお客様へ

9月6日に発生した北海道胆振地方を震源とする地震の被害に遭われた皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。

当社では、この度の地震により災害救助法の適用を受けた北海道内179市町村の
お客様につきまして、可能な限りのご支援をさせていただきます。

本件に関するご相談、その他、当社のお取引に関してお困りごとがございましたら、
カスタマーサポートセンターまでお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

【お問い合わせ先】
 カスタマーサポートセンター
 フリーダイヤル:0120-465-104(月〜金 9:00〜17:00)

被災地の一日も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。

[2018/09/06] 9月7日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。 

9月7日(金)、日本時間21時30分に「米国8月雇用統計」の発表が予定されています。「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、その結果は、世界的な景気動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。

今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が約定されない事がございます。なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

さらに、週明け月曜日(9月10日)の為替市場のオープンレートが週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も考えられます。

お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター 
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/09/06]【重要】9月6日「札幌FXセミナー」中止のお知らせ

今朝方発生致しました地震の被害に遭われたお客様に心よりお見舞い申し上げます。
外為オンライン カスタマーサポートセンターでございます。

地震の影響により、札幌で開催予定でございましたFXセミナーは、お客様の安全を考慮し
中止とさせて頂きました。

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解、ご了承の程、よろしくお願い申し上げます。

被害の大事ないこと、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

[2018/09/03] 8月30日からの大雨により被害に遭われたお客様へ

8月30日からの大雨により被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

当社では、この度の大雨により災害救助法の適用を受けた地域のお客様につきまして、
可能な限りのご支援をさせていただきます。

本件に関するご相談、その他、当社のお取引に関してお困りごとがございましたら、
カスタマーサポートセンターまでお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

■災害救助法 適用地域(2018年9月1日現在)

【山形県】新庄市、最上郡最上町、舟形町、真室川町、大蔵村、鮭川村、戸沢村

【お問い合わせ先】
 カスタマーサポートセンター
 フリーダイヤル:0120-465-104(月〜金 9:00〜17:00)

被災地の一日も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。

[2018/08/02] 8月3日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。 
 
8月3日(金)、日本時間21時30分に「米国7月雇用統計」の発表が 
予定されています。 
「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、 
その結果は、世界的な景気動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の 
時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 
 
今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド 
(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及び 
ロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、 
指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。 
また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が 
約定されない事がございます。 
なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った 
場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。 
 
さらに、週明け月曜日(8月6日)の為替市場のオープンレートが 
週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、 
ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も 
考えられます。 
 
お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、 
十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター 
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/07/31] ご登録情報(ご氏名・ご住所等)の確認のお願い

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

当社では法令に基づき、お客様の登録情報の適正管理を行なっております。

氏名および住所、その他(メールアドレス、電話番号、年収自己資産等)
変更された場合は、速やかに変更手続きを行っていただきますよう
お願い申し上げます。
 
変更手続きにつきましては、よくあるご質問各種変更手続きについてをご参照ください。

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/07/05] 7月6日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。 
 
7月6日(金)、日本時間21時30分に「米国6月雇用統計」の発表が 
予定されています。 
「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、 
その結果は、世界的な景気動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の 
時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 
 
今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド 
(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及び 
ロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、 
指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。 
また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が 
約定されない事がございます。 
なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った 
場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。 
 
さらに、週明け月曜日(7月9日)の為替市場のオープンレートが 
週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、 
ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も 
考えられます。 
 
お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、 
十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター 
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/06/22] くりっく365口座におけるロスカットアラートメール開始のお知らせ

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

6月25日よりくりっく365口座におきましてロスカットアラートメールの
配信サービスを開始いたしますのでお知らせいたします。

ロスカットアラートメールは口座状況の実効レバレッジが20倍以上と
なった場合、ご登録メールアドレス宛にアラートメールが送信されるサービスです。

サービス開始に伴い、「取引所外国為替証拠金取引説明書」を改定させていただきますので、
下記の取引所外国為替証拠金取引説明書新旧対照表(PDF)をご確認くださいます
ようお願い申し上げます。

     【改定日】 2018年6月25日(月)
     【改定箇所】新旧対照表参照

取引所外国為替証拠金取引説明書新旧対照表(PDF)

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

当社では引き続き、より良いサービスの提供に努めて参る所存でございます。
今後も変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

[2018/06/19] 大阪府北部を震源とする地震の被害に遭われたお客様へ

大阪府北部を震源とする地震により被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

当社では、この度の地震により災害救助法の適用を受けた地域のお客様につきまして、
可能な限りのご支援をさせていただきます。

本件に関するご相談、その他、当社のお取引に関してお困りごとがございましたら、
カスタマーサポートセンターまでお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

■災害救助法 適用地域(2018年6月18日現在)

【大阪府】大阪市、豊中市、吹田市、高槻市、枚方市、茨木市、寝屋川市、
     箕面市、摂津市、交野市、島本町、守口市、四條畷市

【お問い合わせ先】
 カスタマーサポートセンター
 フリーダイヤル:0120-465-104(月〜金 9:00〜17:00)

被災地の一日も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。

[2018/06/11] 米朝首脳会談に伴う注意事項について

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

報道の通り、2018年6月12日午前10時(現地時間午前9時)にシンガポールにて
米朝首脳会談が予定されております。
報道によっては、レートが急変する場合や、スプレッド(買値と売値の差)が継続的に
拡大する可能性があります。

これに伴い逆指値注文、及びロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッ
ページ)することや、指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することが
ございます。
また、注文が約定するまでに時間を要することもあり、場合によって注文が約定されない
可能性がございます。

なお、指値、逆指値注文の約定が完了されるまでの間に有効証拠金がロスカット値を
下回った場合は、指値、逆指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。

お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、
十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/05/31] 6月1日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。 
 
6月1日(金)、日本時間21時30分に「米国5月雇用統計」の発表が 
予定されています。 
「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、 
その結果は、世界的な景気動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の 
時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 
 
今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド 
(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及び 
ロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、 
指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。 
また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が 
約定されない事がございます。 
なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った 
場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。 
 
さらに、週明け月曜日(6月4日)の為替市場のオープンレートが 
週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、 
ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も 
考えられます。 
 
お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、 
十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター 
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/04/30] 5月4日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。 
 
5月4日(金)、日本時間21時30分に「米国4月雇用統計」の発表が 
予定されています。 
「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、 
その結果は、世界的な景気動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の 
時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 
 
今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド 
(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及び 
ロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、 
指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。 
また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が 
約定されない事がございます。 
なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った 
場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。 
 
さらに、週明け月曜日(5月7日)の為替市場のオープンレートが 
週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、 
ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も 
考えられます。 
 
お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、 
十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター 
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/04/20] ロスカットアラートメール開始のお知らせ

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

4月23日よりロスカットアラートメールの配信サービスを開始いたしますので
お知らせいたします。

ロスカットアラートメールは口座状況の実効レバレッジが20倍以上と
なった場合、ご登録メールアドレス宛にアラートメールが送信されるサービスです。

サービス開始に伴い、「店頭外国為替証拠金取引説明書」を改定させていただきますので、
下記の店頭外国為替証拠金取引説明書新旧対照表(PDF)をご確認くださいます
ようお願い申し上げます。

     【改定日】 2018年4月23日(月)
     【改定箇所】新旧対照表参照

店頭外国為替証拠金取引説明書(個人・法人のお客様共通)新旧対照表(PDF)

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

当社では引き続き、より良いサービスの提供に努めて参る所存でございます。
今後も変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

[2018/04/18] ゴールデンウィーク期間のお取引・入出金についてのご案内

平素は、外為オンラインをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
ゴールデンウィーク期間のお取引、入出金についてご案内申し上げます。

【お取引について】
祝日も含め、通常通り。

■店頭取引(外為オンラインFX)
・月曜日7:00〜土曜日5:55まで(メンテナンス時間を除く)

■取引所取引(くりっく365)
・対円通貨
 月曜日7:10〜土曜日5:00まで(メンテナンス及びプレオープン時間を除く)
・クロスカレンシー
 月曜日7:10〜土曜日4:30まで(メンテナンス及びプレオープン時間を除く)

【入出金について】
入出金のスケジュールは、通常とは異なります。
詳しくは下記の「ゴールデンウィーク期間の入出金について(PDF)」をご確認下さい。

ゴールデンウィーク期間の入出金について(PDF)

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/04/05] 4月6日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。 
 
4月6日(金)、日本時間21時30分に「米国3月雇用統計」の発表が 
予定されています。 
「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、 
その結果は、世界的な景気動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の 
時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 
 
今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド 
(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及び 
ロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、 
指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。 
また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が 
約定されない事がございます。 
なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った 
場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。 
 
さらに、週明け月曜日(4月9日)の為替市場のオープンレートが 
週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、 
ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も 
考えられます。 
 
お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、 
十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター 
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/03/08] 3月9日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。 
 
3月9日(金)、日本時間22時30分に「米国2月雇用統計」の発表が 
予定されています。 
「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、 
その結果は、世界的な景気動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の 
時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 
 
今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド 
(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及び 
ロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、 
指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。 
また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が 
約定されない事がございます。 
なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った 
場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。 
 
さらに、週明け月曜日(3月12日)の為替市場のオープンレートが 
週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、 
ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も 
考えられます。 
 
お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、 
十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター 
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/03/07] マイナンバーのご提出について

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2018年3月7日より、2015年12月31日以前に口座開設いただいたお客様の
マイナンバー(個人番号・法人のお客様は法人番号)のご登録を受付いたします。

■対象のお客様
 ・2015年12月31日以前に口座開設されたお客様
 ・第二口座、第三口座をお持ちの方(複数口座をお持ちでお客様番号が異なる方)は、
  お客様番号ごとにマイナンバーをご登録いただく必要がございます。

■提出期限 2018年12月末まで
■登録方法 パソコン、スマートフォンよりお手続きください。

お手続き方法はこちらをご参照ください。

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/02/22]【重要】米国夏時間(サマータイム)移行に伴う取引時間変更のお知らせ

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。
2018年3月11日(3月第2日曜日)からの米国夏時間(サマータイム)適用に
伴い、下記の通り取引時間等が変更されますので、ご案内いたします。
 
                   記

【夏時間(サマータイム):3月11日より】

■店頭FX取引
・取引時間
月 曜 日:午前7時00分 〜 翌朝午前5時55分
火〜金曜日:午前6時05分 〜 翌朝午前5時55分
    
・メンテナンス時間
火〜金曜日: 午前5時55分 〜 午前6時05分
土 曜 日: 午前5時55分 〜 正午12時

・証拠金判定時間
火〜土曜日:午前5時45分
(個人口座L25Rコース、L25R miniコース以外の全てのコースが対象)

・取引証拠金算出時間
火〜金曜日:午前6時00分(個人)  

■くりっく365
取引時間
・対円通貨
月 曜 日:午前7時10分 〜 翌朝午前5時55分
火〜木曜日:午前6時55分 〜 翌朝午前5時55分
金 曜 日:午前6時55分 〜 翌朝午前5時00分

・クロスカレンシー 
月 曜 日:午前7時10分 〜 翌朝午前5時25分
火〜木曜日:午前6時55分 〜 翌朝午前5時25分
金 曜 日:午前6時55分 〜 翌朝午前4時30分


プレオープンおよび付合せ時間の変更に関しましては、こちらからご確認ください。
※「くりっく365」につきましては、取引開始前の10分間(月曜日は1時間)は、
 プレオープン時間帯となります。 プレオープン時間はご注文の発注、取消、訂正は
 可能ですが約定はいたしません。
※全て日本時間

本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/02/13] 2月4日からの大雪による被害を受けられたお客様へ

本年2月4日からの大雪による災害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

当社では、この度の大雪により被害を受けられた災害救助法適用地域のお客様の
お取引につきましては、可能な限りのご支援をさせていただきます。

本件に関するご相談、その他、当社のお取引に関してお困りごとがございましたら、
カスタマーサポートセンターまでお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

■災害救助法適用市町村(2018年2月7日現在)
【福井県】福井市、あわら市、坂井市

【お問い合わせ先】
 カスタマーサポートセンター
 フリーダイヤル:0120-465-104(月〜金 9:00〜17:00)

被災地の一日も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。

[2018/02/01] 2月2日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。 
 
2月2日(金)、日本時間22時30分に「米国1月雇用統計」の発表が 
予定されています。 
「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、 
その結果は、世界的な景気動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の 
時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 
 
今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド 
(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及び 
ロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、 
指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。 
また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が 
約定されない事がございます。 
なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った 
場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。 
 
さらに、週明け月曜日(2月5日)の為替市場のオープンレートが 
週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、 
ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も 
考えられます。 
 
お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、 
十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター 
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/01/04] 1月5日(金)発表の米国雇用統計前後についてのご注意事項

平素は、外為オンラインをご利用いただき、誠にありがとうございます。 
 
1月5日(金)、日本時間22時30分に「米国12月雇用統計」の発表が 
予定されています。 
「米国雇用統計」は、米国経済の実態を反映する重要な経済指標の1つであり、 
その結果は、世界的な景気動向を計る上でも重要視されます。このため発表前後の 
時間帯では為替レートが急激に変動する傾向があります。 
 
今回も発表内容によっては、為替レートが急激に変動する場合や、スプレッド 
(買値と売値の差)が急拡大する場合があります。これに伴い逆指値注文、及び 
ロスカットが指定レートから大きく乖離して約定(スリッページ)することや、 
指値注文が実勢レートに対して不利なレートで約定することがございます。 
また、注文が約定するまでに時間を要することがあり、場合によっては注文が 
約定されない事がございます。 
なお、注文の約定が完了するまでの間に有効証拠金がロスカット値を下回った 
場合は、指値注文の約定よりロスカット注文の約定が優先されます。 
 
さらに、週明け月曜日(1月8日)の為替市場のオープンレートが 
週末のクローズレートから大きく乖離して始まった場合、お客様のご注文によっては、 
ロスカットを含め指値、及び逆指値注文などが、不利なレートで約定する事も 
考えられます。 
※1月8日(月)は祝日ですが、外国為替市場は通常通りオープンしています。
 
お客様におかれましては、上記のリスクをご勘案の上、お取引及びポジション管理には、 
十分にご注意いただきますよう重ねてお願い申し上げます。 
 
本件に関するお問合わせは、当社カスタマーサポートセンター 
(フリーダイヤル:0120-465-104)までお願いいたします。

[2018/01/01] 2018年新春のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
2018年の年頭にあたり、謹んで新春のお慶びを申し上げます。

昨年、当社におきましては、「iサイクル注文®トレンド方式」「サイクル2取引™」
「サイクル2取引™ワイド方式」のリリース等を行いお客様の取引利便性の
向上に努めて参りました。

更に、お客様のFXへの理解を深める事を目的として、全国主要都市での
会場型セミナーを多数実施致しました。
その結果、総口座数が50万口座を上回る実績を残す事ができました。

これもひとえに多くのお客様のご支持の賜物と当社役職員一同、
心より感謝申し上げます。

今年も「あなたの為の、外為を。」をモットーに全社員一丸となって、
お客様の利便性の向上を追求して参ります。

引き続き外為オンラインをご支援賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2018年1月1日
株式会社外為オンライン
代表取締役社長 古作 篤

全国セミナー 開催予定地
大阪
1216日・17
名古屋
1219日・20