今日のアナリストレポート[月〜金 毎日更新]

「ドル円再び155円台に下落」

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場
  • ドル円は続落。東京時間夕方に156円を割り込んだドル円は、欧州ではやや反発したが、NYでは155円56銭まで売られる。
  • ユーロドルは1.08台半ばで小動き。ドル円が円高方向で推移したことで、ユーロ円も168円83銭前後まで下げる。
  • 株式市場では3指数が揃って小幅安。ダウは57ドル下げ、S&P500は8ポイント安。
  • 債券は横ばい。長期金利は4.25%台でほぼ変わらず。
  • 金は5日ぶりに反発。原油は4日続落し、76ドル台に。
***********************
7月リッチモンド連銀製造業景況指数 → −17
6月中古住宅販売件数 → 389万戸
***********************
ドル/円 155.56 〜 156.25
ユーロ/ドル 1.0844 〜 1.0863
ユーロ/円 168.83 〜 169.73
NYダウ −57.35 → 40,358.89ドル
GOLD +12.60 → 2,407.30ドル
WTI −1.44 → 76.96ドル
米10年国債 −0.002 → 4.251%

本日の注目イベント

  • 独 独8月GFK消費者信頼調査
  • 独 独7月製造業PMI(速報値)
  • 独 独7月サービス業PMI(速報値)
  • 欧 ユーロ圏7月製造業PMI(速報値)
  • 欧 ユーロ圏7月サービス業PMI(速報値)
  • 英 英7月製造業PMI(速報値)
  • 英 英7月サービス業PMI(速報値)
  • 米 7月S&Pグローバル製造業PMI(速報値)
  • 米 7月S&Pグローバルサービス業PMI(速報値)
  • 米 7月新築住宅販売件数
  • 米 ボウマン・FRB理事とローガン・ダラス連銀総裁、イベント開会の挨拶
  • 米 ネタニヤフ・イスラエル首相、米議会で演説
  • 米 企業決算 → AT&T、IBM、フォード
  • 加 カナダ中銀政策金利発表

本日のコメント

ドル円は再び155円台に入り、NYでは155円56銭まで売られています。先週18日に東京時間に付けた155円38銭までは売られなかったものの、上値を重くしています。ただ今回の下げも、この欄で度々触れているように、日足の一目均衡表の「雲」で見事に支えられています。今朝の経済紙などでも、専門家のコメントは「目先のドルの天井を確認した可能性が高い」といった言葉が目立つようになってきました。筆者は今月の初めから、米経済指標の下振れが目立って来たことや、チャートの微妙な変化等から「短期的な調整がある」と指摘してきましたが、150円方向に向かうのか、あるいは再び160円を回復するのか、極めて重要な値位置にいることは確かです。昨日はクロス円でも売りが出た模様で、これもドル円を下げる要因になっています。これまでキャリートレードで円売りを進めていた投資家が、ジワリと円を買い戻す動きを強めてきたと見られます。言うまでもなく、目先の下値の重要な水準は「155円」です。ここを明確に割り込めば、上記「雲抜け」も完成し、当然ながら重要な節目であるがゆえに、この下方には「ストップロスのドル売り注文」も並んでいるはずです。それらの注文を受けたインターバンク・ディーラーは、私自身の経験から言えば、その規模が大きければ大きいほど自分の身を守るため、早めにドル売りを仕掛けるのが一般的です。従って、その水準を割り込むと予想外のスピードで下落することは、これまでにも何度もありました。

バイデン氏に代り11月の米大統領選に民主党候補者としてトランプ氏と闘う可能性が高いハリス副大統領ですが、ここにきてようやく党内でも結束に向けた動きになってきました。民主党上院トップのシューマー院内総務と下院トップのジェフェリーズ院内総務は揃って、ハリス氏を同党の大統領候補として支持すると表明しました。さらに、著名投資家のジョージ・ソロス氏もハリス氏支持を宣言しています。バイデン氏が選挙戦からの撤退を表明してから初の調査となったモーニング・コンサルタントの全米世論調査では、ハリス氏の支持率は45%と、トランプ氏への支持率47%に2ポイントに迫っています。これは誤差の範囲で、バイデン氏は離脱前にはトランプ氏に6ポイントの差をつけられていました。

ハリス氏は23日ウィスコンシン州ミルウォーキーの集会で演説を行い、「米国が突き付けられているのは2つの正反対のビジョンであり、一つは未来、もう一つは過去に焦点を絞ったものだ。11月の選挙でトランプ氏に勝てる」と聴衆を鼓舞していました。さらに検事出身のハリス氏は、大統領経験者として史上初めて重罪で有罪評決を受けたトランプ氏に触れ、「私は過去にあらゆる類の加害者を追い詰めてきた。女性を虐待する略奪者、消費者から金銭をだまし取る詐欺師、自分の利益のためにルールを破るペテン師らだ」と列挙し、「だからこそ言える、私はドナルド・トランプのようなタイプを知っている」と述べ、聴衆から喝さいを受けていました。(ブルームバーグ)8月に行われる民主党全国大会で正式に同党の大統領候補者に指名されると思われますが、11月の大統領選まではあと100日余りです。どこまでトランプ氏に追いつくことが出来るのか、今年後半の最大のイベントになります。

日本でも連日イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの攻撃や、イエメンのフーシ派を攻撃する映像が流されていますが、米国を訪問中のネタニヤフ首相は24日に米議会で演説を行います。また25日午後にはバイデン大統領との会談も予定されています。さらにトランプ氏とも、トランプ氏の別荘「マールアラーゴ」で会談する予定です。米議会での演説で、どれほど賛同を得られるのでしょうか。

本日のドル円は155円〜156円50銭程度を予想します。

佐藤正和の書籍紹介

これだけ! FXチャート分析 三種の神器

これだけ! FXチャート分析 三種の神器
著者:佐藤正和
出版社:クロスメディア・パブリッシング

チャートがしっかり読めるようになるFX入門

チャートがしっかり読めるようになるFX入門
著者:佐藤正和
出版社:翔泳社

What's going on?

What's going on ?」とは・・・
会話でよく使われる砕けた言い方で「何があったんだ?」「どうなっているんだ?」というような意味。為替はさまざま事が原因で動きます。その動いた要因を確認する意味で「What's going on ?」というタイトルを付けました。
日時 発言者 内容 市場への影響
7/21 バイデン大統領 「再選を目指す意向であったが、私が身を引き、残りの任期に大統領として職務を全うすることに専念することが、党と国にとって最大の利益であると信じる」、「私は、カマラ(ハリス副大統領)が今年選挙での民主党の候補者になることを全面的に支持する。民主党とわが国全体を団結させるため全力を尽くす」 --------
7/17 トランプ・前大統領 「パウエル議長には任期を全うしてもらう」、「われわれは大きな通貨問題を抱えている」、「強いドルが問題だ」、(FRBによる利下げについては)、「11月の大統領選までには利下げを行わないよう」 ドル安が加速。157円台から156円台前半に。
7/17 ウォラー・FRB理事 「最終地点に到達したとは考えていないが、政策金利の引き下げが正当化される時期に近づいていると思う」 --------
7/17 ウイリアムズ・NY連銀総裁 「われわれが求めているディスインフレトレンドに近づいている。これは前向きな兆しだ。インフレが目標の2%に持続的に向かっているとの確信を深めるため、さらに多くのデータを確認したい」 --------
7/17 バーキン・リッチモンド連銀総裁 「最近のディスインフレの広がりは心強いが、それが持続する証左を、まだなお探している」 --------
7/15 パウエル・FRB議長 「1−3月(第1四半期)には自信を高めさせるものは何も得られなかった。だが、先週発表された一つを含む第2四半期の三つの指標で、幾分自信は深まった」、「インフレが鈍化し、労働市場は実際に冷えてきた。われわれは両方の責務に目を向けるつもりだ。これらのバランスは改善している」 ややドルが売られ、債券と株は買われる。
7/11 デーリー・総裁SF連銀総裁 「現時点において物価安定と完全雇用という当局が責務を負う目標へのリスクは、一段とバランスが取れてきており、金融政策が機能しつつあるのは明白だ」と発言し、「雇用やインフレ、GDP、景気見通しに関するデータなど、これまでに得られた情報を考慮すると、何らかの政策調整が正当化される可能性が高い」 --------
7/11 グールズビー・シカゴ連銀総裁 「インフレ率が2%の物価目標に向って下げていることを示す待望の証左を得られた」、「上々だ。強く勇気づけられる」 市場への影響: --------
7/11 パウエル・FRB議長 「2%の物価目標達成に確信はあるのか」と質問された議長は、「確信はある程度ある」、「問題は、2%に向けて持続的に低下していると十分に確信しているかということだ。私にはまだそう言う用意はない」、「インフレに関する仕事は終わっていない。やるべきことはまだある」 株価は大幅に上昇し、ドル円も161円81銭まで買われる。
7/2 パウエル・FRB議長 「米経済は力強く、労働市場も強いことから、われわれは時間をかけて正しく対応することが可能だ」、「それがわれわれの計画だ」、(前回のインフレ統計とその前のデータについて)、「ディスインフレの軌道に戻りつつあることを示唆している」、「最近見られたようなデータがさらに続くのが望ましい」 株と債券が買われ、金利が低下したことでドル円は161円台前半まで売られる。
6/26 神田・財務官 「行き過ぎた動きに対して必要な対応を取る」と述べ、「特定の相場水準を対象には考えておらず、あくまで投機などによる急激な変動あるいは無秩序な動きに対して対応する方針に変わりはない」、「最近の円安の進行には深刻な懸念を有している」、「高い緊張感を持って市場の動向を注視している」 ドル円が160円台半ばまで上昇した際に。発言を受けやや円が買い戻されたが、直ぐに円売りが再燃。
6/25 クック・FRB理事 「インフレが大幅に改善し、労働市場が徐々に冷え込む状況では、経済の健全なバランスを維持するために政策の抑制度合いを緩和することが、ある時点で適切となるだろう」、「3カ月と6カ月先のインフレ率は23年下期(7−12月)に見られたような『良好な数字』と類似したものになると予想している」 --------
6/25 ボウマン・FRB理事 「経済見通しを巡るリスクと不確実性を踏まえ、政策スタンスの将来的な変更を検討するアプローチにおいて、私は慎重姿勢を保つつもりだ」 --------
6/24 デーリー・SF連銀総裁 「労働市場の調整は今のところ緩やかで、失業率は小幅にしか上昇していない。しかし、このような緩やかな展開になる可能性が低下する時点に近づいている」 --------
6/24 グールズビー・シカゴ連銀総裁 「インフレに関してここ1カ月に見られたようなデータがさらに数カ月続き、実体経済の他の部分の状況も鈍化した場合、『これまでのような景気抑制的な政策を維持すべきなのだろうか』という疑問を持ち始めざるを得なくなる」、「インフレ率が当局目標の2%に向けて低下しているという確信をもう少し強められると期待している」 --------
6/20 米財務省 「財務省としては、自由に取引される大規模な為替市場で介入は適切な事前協議を伴う形で極めて例外的な状況に限定されるべきだ」、「日本は為替運営の点で透明性がある」 日本を為替「監視リスト」に追加。ドル円の上昇要因となり、ドル円は158円95銭まで買われる。
6/20 カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁 (米金融当局はインフレ率を目標の2%へと引き下げるとしつつも)、「それには1、2年かかる可能性が高い」 ドル円の上昇要因となり、ドル円は158円95銭まで買われる。
6/20 グールズビー・シカゴ連銀総裁 「今回のインフレの数字は非常に心強いもので、こうした数字がさらに得られるなら、利下げは可能だというのが私の見解だ」 --------
6/18 植田・日銀総裁 (7月会合までに入手できる経済・物価・金融情勢い関するデータや情報次第としながらも)、「場合によっては政策金利が引き上げられるということも十分あり得るというふうに考えている」、「基調的な物価上昇率がしっかりと高まっていくかどうか、もう少し引き続き点検していく必要があると考えた」 やや円を買い戻す動きもあり、ドル円は小幅に下落。
6/17 ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁 「現時点における自身の予想に基づけば、年内1回の利下げが適切だ。ただ、利下げの前にさらに数ケ月のインフレ改善を確認したい」 --------
6/14 メスター・クリーブランド連銀総裁 「インフレに対するリスクはまだ上向きだと考えている。労働市場へのリスクは両方向だと思う」、(今年1回の利下げを示唆した最新のFOMC予想について)、「自分の経済予測とかなり近い」 --------
6/14 カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁 「インフレ率が2%に戻りつつあることを確信するには、もっと多くの証拠が必要だ。われわれは現在、何らかの意思を決定する前に時間をかけてインフレ統計、および経済や労働市場に関するデータをさらに見られる非常に良い位置にいる」、「年内に1回の利下げがあるとすれば、年末に向けて行われる公算が大きい」 --------
6/12 パウエル・FRB議長 「最近のインフレ指標は今年の早い時期より良好な内容で、われわれのインフレ目標に向けて緩慢なる一段の進展が見られている」、「インフレ率が持続的に2%に向っているという確信を強めるには、良好なデータをさらに目にする必要がある」、「今回の統計が確信を強める上では前進と言えるが、現時点での利下げを正当化するほどではない」 ドル円は155円台から156円台に反発。
6/12 FOMC声明文 「最近の複数の指標は、経済活動が堅調なペースで拡大を続けていることを示唆している。雇用の伸びは強さを維持しており、失業率は低いままだ。インフレはこの1年で緩和したが、依然として高い水準にある。委員会は目標実現のため、FF金利誘導目標レンジを5.25−5.5%に据え置くことを決めた。委員会はインフレ率を目標の2%に戻すことに強くコミットしている」 --------
6/10 ラガルド・ECB総裁 「われわれは適切な決定を下したが、それは金利が直線的な低下軌道にあることを意味するものではない」、「われわれは新たな見通しが立った時のみならず、あらゆる段階で再評価を行う」、「ディスインフレは十分に進行しており、向こう1年半にわたり継続すると考えている。そのため金利を引き下げる可能性がある。だが、まだ勝利宣言はしない」 --------
6/6 ホルツマン・オーストリア中銀総裁 「年内3回のECB利下げという当初の想定が現実になり、一方でFRBが相応の動きをしなかった場合、為替レートやインフレ率に影響を与えることは間違いない」、「さまざまな意見がかわされたが、政策委員会の見解は他に方法はないというものだった」 --------
6/6 ラガルド・ECB総裁 「今日から利上げを巻き戻す段階に移行するのかと聞かれれば、そうだとは言わない。その可能性は極めて高いが、データ次第だろう。非常に不確実なのは、われわれが進むスピードとそれに要する時間だ」、「委員会は引き続き、会合ごとのアプローチを取る。特定の金利の道筋をあらかじめ約束はしない。利下げ決定は1人を除く全員が同意した」 タカ派的な内容だったためユーロドルは1.09台まで買われる。
※尚、このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものではございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外為オンラインのシニアアナリスト 佐藤正和