今日のアナリストレポート[月〜金 毎日更新]

「米第1四半期GDP予想を下回る」

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場
  • 109円台後半で小動きだったドル円はNYで売られる。GDPなど経済指標が軟調だったことで109円43銭までドル安に。
  • ユーロドルは反発。ユーロ圏の7月景況感が過去最高の結果を示したことなどを手掛かりに1.1893まで買われ、約1カ月ぶりのユーロ高を示現。
  • 株式市場は3指数が揃って上昇。ダウは153ドル上げ、3万5000ドル台を回復。
  • 債券は反落。長期金利は1.27%近辺まで上昇。
  • 金は大幅に上昇。原油も買われ73ドル台に。
********************
4−6月GDP(速報値) → 6.5%
新規失業保険申請件数 → 40.0万件
6月中古住宅販売成約件数 → −1.9%
********************
ドル/円 109.43 〜 109.92
ユーロ/ドル 1.1871 〜 1.1893
ユーロ/円 130.08 〜 130.56
NYダウ +153.60 → 35,084.53ドル
GOLD +31.20 → 1,835.80ドル
WTI +1.23 → 73.62ドル
米10年国債 +0.037 → 1.269%

本日の注目イベント

  • 豪 豪第2四半期生産者物価指数
  • 日 6月失業率
  • 日 6月鉱工業生産
  • 独 独4−6月期GDP(速報値)
  • 欧 ユーロ圏4−6月期GDP(速報値)
  • 欧 ユーロ圏7月消費者物価指数(速報値)
  • 欧 ユーロ圏6月失業率
  • 米 4−6月雇用コスト指数
  • 米 6月個人所得
  • 米 6月個人支出
  • 米 6月PCEコアデフレータ
  • 米 7月ミシガン大学消費者マインド(確定値)
  • 米 7月シカゴ購買部協会景気指数
  • 米 ブレイナード・FRB理事講演
  • 米 ブラード・セントルイス連銀総裁講演
  • 米 企業決算 → キャタピラー、P&G、エクソンモービル

本日のコメント

FOMCを終え、やや材料難からまったりとした相場展開を予想していましたが、昨日のNYではGDPなどの経済指標が予想を下回ったことから、「金融正常化への道のりはまだ遠い」との見方が広がり、ドルが売られました。ドル円は109円50銭を下抜けしたものの109円43銭で下げ止まり、ここからもう一段下げるのか、テクニカル的には重要な水準に差し掛かってきました。米国でも感染力の強いデルタ変異株による感染拡大が続き、今後さらに勢いを増すようだと、改善傾向にある雇用情勢にも再び悪影響を与える可能性が指摘されています。バイデン大統領は連邦政府職員に対して新型コロナウイルスワクチン接種証明を義務付け、未接種の職員にはマスク着用と頻繁なコロナ検査を義務化すると述べています。また、家賃を払えない借り手の立ち退きを猶予する措置を延長するよう議会に求めています。同措置は7月31日で失効するようです。さらにバイデン政権は州や地方自治体に対して、ワクチン接種者に100ドルを贈呈することも求めています。

米4−6月期のGDP速報値は「6.5%」と、市場予想の「8.4%」を大きく下回りましたが、GDPの額ではコロナウイルスがパンデミックとなる前のピークを上回っています。GDPの70%以上を占めると言われている個人消費では、前期比11.8%増加し、パンデミック禍でも依然として消費が好調であることを示しています。一方で、住宅在庫と住宅投資はそれぞれマイナスに沈んでいます。ワクチン接種が進み経済活動が再開したことに伴い、消費者は政府支援もある中で、外食などサービス支出を増やしていますが、今後は連邦政府の支援も徐々に縮小するため、先行きは不透明だと見られています。今後のデルタ変異株の感染をどこでくい止めることが出来るかがカギを握っています。

日本でも感染は止まるどころか急拡大しており、専門家の予想を遥かに超えるスピードで感染が広がっています。昨日は東京都で3865人の新規感染者が確認されこれで、2日連続で過去最多を更新し、全国の感染者数も1万人を超えてきました。昨日の専門家の予想では、このままのペースでは9月には東京都だけで1日1万人を超えるといった衝撃的な意見もありました。コロナ感染拡大が株式市場にも暗い影を落とし、日本株の上昇を抑えています。このセンチメントがリスク回避につながり、ドル円も上値が抑えられている部分もあります。政府は本日にも東京と沖縄に加え、首都圏3県と大阪を「緊急事態宣言」に切り替える予定です。またその期限も8月末の見込みです。「どうやら2021年末でも、コロナの感染拡大を明確に阻止できないのでは」といった悲観的な見方も漂い始めました。金メダルラッシュに沸く日本と、コロナの第5波に苦しむ日本の明暗が連日テレビで放映されています。

米長期金利が低位で安定していることからドル円もやや上値を重くし、足元では重要な「日足の雲の下限」をうかがう気配です。現在109円30銭にある雲の下限を割り込むようだと、その下にある「120日移動平均線」が次のターゲットになりそうです。ここを割り込むようだと、市場センチメントも徐々に変わってくる可能性があり、注意が必要です。また「MACD」を見ても、トレンドの転換を示唆する「ゼロの軸」に差し掛かっています。まだ上昇トレンドが終わったとは判断できませんが、テクニカル指標には目配りが必要かと思います。

本日のドル円は109円〜109円70銭程度を予想します。

==========

米国では4−6月期の決算発表がピークを迎えています。164億5800万ドル(約1兆8100億円)、185億2500万ドル(約2兆300億円)、これらはいずれも米巨大IT企業が発表した数字です。

四半期決算の数字ですからこれを単純に4倍すると、7兆2400億円と8兆1200億円になりますが、これは「売上高」ではありません。「純利益」の額です。前者がマイクロソフトであり、後者はグーグルを傘下の持つアルファベットの今期の「純利益額」です。売上高だとしてもこの金額を達成するのは大変ですが、これが「純利益」ですから、驚くばかりです。フランスなどがデジタル課税の創設を検討しているのもうなずけます。因みに、日本で最も利益を上げているトヨタ自動車の2022年3月純利益は2兆3000億円を予定しています。トヨタ自動車の1年間の利益を3カ月で稼いでしまうアルファベット。すさまじいことです・・・・

良い週末を・・・・・。

佐藤正和の書籍紹介

これだけ! FXチャート分析 三種の神器

これだけ! FXチャート分析 三種の神器
著者:佐藤正和
出版社:クロスメディア・パブリッシング

チャートがしっかり読めるようになるFX入門

チャートがしっかり読めるようになるFX入門
著者:佐藤正和
出版社:翔泳社

What's going on?

What's going on ?」とは・・・
会話でよく使われる砕けた言い方で「何があったんだ?」「どうなっているんだ?」というような意味。為替はさまざま事が原因で動きます。その動いた要因を確認する意味で「What's going on ?」というタイトルを付けました。
日時 発言者 内容 市場への影響
7/28 パウエル・FRB議長 「 その段階にはない。そうした状況に達するにはまだ距離はあると、われわれは考えている」、「進展は続いている。一段の進展を見込んでおり、順調に進めばその目標を達成するだろう」 株と債券が買い戻され、金利低下に伴いドル円も下げる。
7/28 FOMC声明文 「経済は目標に向かって進展しており、委員会は今後数会合において引き続き進展度合いを精査する」 株と債券は売られ、ドルが上昇。
7/25 アンソニー・ファウチ、米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)所長 「米国は間違った方向に進んでおり、特に重症化リスクが最も大きい人はブースター(追加免疫)接種が必要になる可能性がある」、「最悪のシナリオでは冬季にコロナ死者数が昨年冬季のピーク時と同水準の1日あたり4000人に達する恐れがある」 --------
7/15 ブラード・セントルイス連銀 「米金融当局はインフレと雇用の両方に関して『一段と顕著な進展』を遂げるという目標を達成した」、「テーパリングできる状況にあると考える。市場を動揺させるようなことは望んでいないが、こうした緊急措置を終了する時期だと思う」 --------
7/15 パウエル・FRB議長 「これは経済活動の再開に伴いシステム全体に衝撃が及んでいる状況であり、それが2%を大きく上回る水準にインフレ率を押し上げている。当局としてはもちろん、心地よくない」、(このところの物価上昇については)、「歴史において他に類を見ないものだ」、「FOMCは6月の会合で、資産購入を縮小する可能性について議論を開始した。FOMCは今月27、28日に開く会合で、この議論をさらに進める」 債券が買われ長期金利は再び1.3%前後まで低下。
7/14 パウエル・FRB議長 「生産のボトルネックなど供給面の制約で生産が限定されている業種で強い需要が見られ、それが一部の財とサービスに特に急速な物価上昇をもたらしている。だがそうした物価上昇は、ボトルネックの影響が解消されるのに伴い一部反転するだろう」、「労働市場の状況は改善が続いているが、まだ長い道のりが残っている」(その見通しについては)、「公衆衛生の状況が引き続き改善し、現在雇用の重石となっているパンデミック関連要素の一部が後退するにつれて、雇用の伸びは向こう数カ月に力強さを見せるだろう」 テーパリング開始時期を早めるものではないとの見方から、株と債券が買われ、金利低下に伴いドル円は110円台半ばから110円割れまで下落。
7/13 デーリー・サンフランシスコ連銀総裁 「恐らく年末か来年早々にはテーパリングの状況が整うだろうというのが、私の見解だ」、「資産購入を段階的に縮小し、経済に供給してきた緩和の一部を引き揚げることについて協議を始めるには適切だ」、(利上げについて協議するには)「極めて時期尚早な段階だ」 --------
7/12 バーキン・リッチモンド連銀総裁 「債券購入の縮小を始めるには(就業率が)59%を上回る程度の就業率が望ましい」 --------
7/12 カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁 (目標を上回るインフレ率は)「一過性のものだとの考えに、私は同感だ」、「最も重要な要素は労働市場だと考える」 --------
7/8 ラガルド・ECB総裁 「新原則はあいまいさを全て取り除くとともに、2%は上限ではないと明確に伝えている」 --------
7/7 FOMC議事録 「委員会が定める『一段と顕著な進展』の基準にはまだ達していないと概して見なされたが、参加者は進展が続くと予想した」、「労働市場とインフレの道筋について確固たる結論を導き出すのは時期尚早だ」 株と債券が買われ、長期金利は約4カ月ぶりに1.3%を割り込む。
7/2 デーリー・サンフランシスコ連銀総裁 「米経済が一段と自律的に機能し始めていると私は実際に見ており、これは金融緩和策を若干縮小できることを意味する。もちろん、大部分ではない。われわれはまだ完全雇用という目標に近くないからだ」、「われわれは債券購入のテーパリングの時期やペース、構成について議論を開始する準備が出来ている。私はそれが適切だと思う」 --------
7/1 ベイリーBOE総裁 「最近のインフレ加速の一部は、前年の物価水準が低いことによるベース効果および、新型コロナウイルス対策の行動制限の緩和に伴う需給ひっ迫によるものであり、こうした影響は長続きしないはずだ」、「現時点では金融環境の早すぎるタイト化によって回復が損なわれないことが重要だ」 ポンドドルは1.38台前半から1.3760近辺まで下落。
6/30 カプラン・ダラス連銀総裁 「市場に周知させたい。FOMCや公にも行われているこのテーパリング議論は良いものだと考えている」、「そうした調整が近く行われると市場に認識させることになる。ここで唯一問題になるのはその時期だ」 --------
6/30 ボスティック・アトランタ連銀総裁 「雇用の回復にはしばらく時間がかかるだろう」と述べ、(インフレについては)、「注意を払う必要がある」 --------
6/24 バーキン・リッチモンド連銀 「短期的なインフレ圧力は第4四半期(10−12月)に向けて和らいでいくと見込んでいる」、「物価上昇の大半は和らぐと考えなければならない。物価の反転すら見られる可能性もある。レンタカー料金が永遠に1日400ドルとなることはない。供給が増えるからだ」 --------
6/23 ボスティック・アトランタ連銀総裁 「最新のデータが示す上方向へのサプライズを考慮し、米金融当局の最初の動きに関する自分の予測を2022年終盤へと前倒しした」、「2023年には2回の動きもあると考えている」 --------
6/23 ボウマン・FRB理事 「こうした物価上昇圧力はボトルネックが解消されれば緩和されるかもしれないが、いくらか時間がかかる可能性がる。状況を引き続き注視し、必要に応じて自身の見通しを調整する」 --------
6/22 パウエル・FRB議長 「われわれは雇用が好調すぎるとの考えやインフレの兆候への警戒を理由に予防的に利上げすることはない。実際のインフレやその他不均衡の事実に基づいた証拠を待つ」 市場に利上げに対する安心感が広がり、リスクオンが拡大。
6/21 ウイリアムズ・NY連銀総裁 「今年3%前後のインフレ率が2022年と23年には2%近くに低下する」、「ただ物価上昇には強い不透明感がある」 --------
6/21 カプラン・ダラス連銀総裁 「FOMCが先週にテーパリング議論を開始したのは適切だ」 --------
6/18 ブラード・セントルイス連銀総裁 「私は2022年終盤の開始を予測している」、「ただし、これらは予想の内容に関連していると考えなければならない。私の予想は21年のインフレ上昇率(コアPCEインフレ率)が3%、22年のコアPCEインフレ率は2.5%だ」 株価は大きく下落し、債券は売られたがその買戻しが優勢に。ドル円は110円48銭まで上昇後反落。
6/18 カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁 「労働市場が新型コロナウイルス禍前の力強さを取り戻せるようにするため、少なくとも2023年末まで事実上ゼロ金利政策が維持されることを望む」 --------
6/16 パウエル・FRB議長 (資産購入の縮小について)「今日も議論した」、「米経済は明らかに進展した」、「今回の会合は議論することについて議論する会合だという考え方も可能だ」市場への影響:利上げ観測が早まったとの見方が強まり、ドル高、債券安、株安が進行。 ドル円は109円85銭前後から110円72銭まで上昇。
6/10 ラガルド・ECB総裁 「市場金利の持続的な上昇が経済全体の調達環境のタイト化を招く可能性がある」、「そのようなタイト化は時期尚早であり景気回復へのリスクになる」(そのため)、「年初の数カ月を著しく上回るペース」 --------
6/2 ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁 「少なくともテーパリングの議論を考えてみる時期だろう」、「インフレ上昇のリスクが一定程ある」(テーパリングについては)「ある日突然行うようなことではない」 --------
6/1 エルドアン大統領 「私は中央銀行総裁ときょう話した。われわれは金利を下げることが不可欠だ」 トルコリラ急落。対ドルで8.75前後、対円で12円26銭前後まで売られる。
6/1 ブレイナード・FRB理事 「長期のインフレ期待が望ましくない形で展開している兆しがあるかどうか、インフレ率に加えインフレ期待の指標を注視する」、「私の短期見通しにあるインフレ率の水準は若干高めに移行したが、インフレ率の曲線が経済再開に基調的なトレンドに回帰するという私の予想はほぼ変わっていない」 --------
※尚、このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものではございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外為オンラインのシニアアナリスト 佐藤正和