今日のアナリストレポート[月〜金 毎日更新]

「ドル円一時108円を割り込む」

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場
  • 昨日の東京時間朝方に108円を割り込み、107円97銭まで売られたドル円はその後緩やかに反発。NYでは108円台ミドルまで買われたが、米長期金利の低下に再び下落し、108円10銭前後で取引を終える。
  • ユーロドルは1.20台で底堅く推移。ワクチン接種の差が意識され、ユーロ買い円売りが強まりユーロ円は131円手前まで上昇。
  • 株式市場は続落。インドなど、コロナ感染の拡大懸念が広がり、主要3指数は揃って下落。
  • 債券相場はリスク回避の流れから上昇。長期金利は再び1.6%を割り込み、1.55%台に低下。
  • ドル安が進み金は上昇。原油は反落。
ドル/円 108.03 〜 108.51
ユーロ/ドル 1.2023 〜 1.2056
ユーロ/円 129.99 〜 130.68
NYダウ −256.33 → 33,821.30ドル
GOLD +17.80 → 1,778.40ドル
WTI −0.94 → 62.44ドル
米10年国債 −0.046 → 1.559%

本日の注目イベント

  • 豪 豪3月小売売上高
  • 欧 IOC理事会
  • 英 英3月消費者物価指数
  • 英 ベイリー・BOE総裁、オンラインイベントで講演
  • 米 企業決算 → ベライゾン
  • 加 カナダ中銀政策金利発表
  • 加 カナダ3月消費者物価指数

本日のコメント

昨日の朝方にはドル円が一時108円を割り込み、107円97銭まで売られる場面がありました。瞬間的な動きであったため107円台での「滞空時間」は短かったものの、107円台は3月5日以来の水準です。

背景は日経平均株価が朝方から大きく売られ、「リスク回避」の流れが強まったことにあります。先週末からの日本株の動きは、米国株が大きく上昇し最高値を更新しても上昇幅はわずかで、米国株が下げるとそれ以上に下げが加速する。昨日などはその典型でした。「投資家の目線が『感染者の数』から『ワクチンの接種状況』に移った」(日経新聞)というのがその大きな理由のようですが、まったく同感です。日本の感染者は世界の先進国の中では驚異的に少なく、「ファクターX」などと呼ばれ、日本人特有の何かがあるのではないかと研究対象にもなっていますが、それが逆に医療体制の遅れや、ワクチン確保の遅れにつながったことは否定できないと思います。昨年夏には、コロナ感染者が増加する予想がある中、「GoToトラベル」を中止しなかった菅政権でしたが、政権内の「読みの甘さ」が現在の第4波につながっています。昨日もこの欄で述べたように、日本全体のワクチン接種率が0.1%以下という「世界の主要国の中でも突出して低い」ことがリスクとして意識され、株価の下落につながっています。本来なら円は売られても不思議がない中、ドル円ではドル安が進んでいることから相対的に円が買われているに過ぎません。昨日の夕方、欧州勢が参入して来ると、ワクチン接種が進むと見られるユーロが買われ、ワクチン接種が大きく遅れている円が売られ、ユーロ円は130円97銭近辺まで上昇しました。これは2018年10月以来、実に2年半ぶりの水準になります。

また一時は108円を割り込んだドル円でしたが、その後は値ごろ感からドル買い戻しも入り、108円台ミドルまで反発しましたが、NYでは再び108円近辺までドル売りが再燃しました。NY株式市場が大きく下げたことでリスク回避の流れが強まり、安全資産の米国債が買われ、金利が低下したことでドルが売られています。今後もドル高が継続されるといった見方の根拠に、インフレの高まりから米金利が上昇し、その結果、米金利と相関が強いドル円が上昇するという「シナリオ」があります。今後日米の株価が大きく「調整局面入り」するようだと、米金利の低下要因となることから、NY株式市場の動向にも目配りが必要です。

中国海南省で行われた「ボーアオ・アジアフォーラム」で中国の習近平主席はビデオ演説を行い、日米を直接批判しなかったものの間接的な表現を使い、「偉そうな態度で他国を指図し内政に干渉しては、人心を得られない」、「一つまたは幾つかの国が決めた規制を他国に無理強いできない」など、人権問題、台湾海峡、さらにはサーバー攻撃問題などで、自国の正当性をアピールしていました。そして、「いかなる形の新冷戦にも、イデオロギーの対立にも反対する」と述べています。先週ワシントンで行われた日米首脳会談での共同声明は、中国にとって一歩踏み込んだものであったことから、中国側の猛烈な反発も予想されましたが、今のところ「大人の対応」を取っているようです。

ロイター通信はパウエルFRB議長がリック・スコット上院議員に宛てた書簡で、今年のインフレは若干上昇する可能性があると認識をしていると報じています。議長は、「インフレが2%を著しく上回ったり、長期間にわたって2%を超える状況を目指していない」と書簡で述べ、「1960年代と70年代で経験した高インフレの教訓、そしてその経験が米国民にもたらした負担をわれわれはよく理解している。そうしたインフレ圧力は予想していないが、現実に起きた場合でも当局には対応できる手段がある」と記してあります。

「108円台の攻防」の様相を呈しているドル円ですが、本日も日本株は下落が予想され、昨日と同じように、リスク回避の流れが強まり下値を試す可能性があります。本日は107円60銭〜108円50銭程度を予想します。

佐藤正和の書籍紹介

これだけ! FXチャート分析 三種の神器

これだけ! FXチャート分析 三種の神器
著者:佐藤正和
出版社:クロスメディア・パブリッシング

チャートがしっかり読めるようになるFX入門

チャートがしっかり読めるようになるFX入門
著者:佐藤正和
出版社:翔泳社

What's going on?

What's going on ?」とは・・・
会話でよく使われる砕けた言い方で「何があったんだ?」「どうなっているんだ?」というような意味。為替はさまざま事が原因で動きます。その動いた要因を確認する意味で「What's going on ?」というタイトルを付けました。
日時 発言者 内容 市場への影響
4/14 パウエル・FRB議長 「インフレ率が2%を持続的に達成し、労働市場の回復が完了するまで、FOMCは利上げを待つだろう」、「それが2022年より前に実現する可能性は低い」 --------
4/13 ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁 「米経済の状況は改善しつつあるものの、回復はまだ初期段階にある。よって支援策を引き揚げる理由は今のところ見当たらない」 --------
4/12 ブラード・セントルイス連銀総裁 「金融政策の変更について話すのは時期尚早だ」、「われわれがパンデミックのトンネルの中にとどまっている間は極めて緩和的な金融政策が望ましい。トンネルの出口まで行けば、次に行きたい場所を検討し始める時だろう」、「2021年はここ数年よりインフレ率が高まると考えられ、その一部がインフレ期待に流れることを望む」 --------
4/8 パウエル・FRB議長 「現在の回復は不均衡で不完全なままだ」、「全ての場所で新型コロナウイルスの感染を収束させるまで世界は経済活動を完全に再開することはできないだろう」、「経済再開に伴い物価圧力が高まることが想定されるが、一時的となる公算であり、仮に長く続くようであれば対策を講じるだろう」 長期金利は1.61台まで低下。株式市場では株価が上昇。
4/7 エバンス・シカゴ連銀総裁 「2.5%のインフレ率はいかなる状況でも限度を超えたと捉えるべきではない」、「3%でも一定の期間は歓迎されよう」 --------
4/7 FOMC議事録(3月16、17日分) 「委員会の目標である最大限の雇用と物価安定に向け一段と顕著な進展が実現するには、しばらく時間がかかる公算が大きいだろうと参加者らは認識した」 --------
4/5 イエレン・財務長官 「米国第一が、米国単独ということであっては決してならない」、「世界におけるリーダーシップと関与の欠如は、米国の機関と経済を脆弱させる」、(トランプ政権は)「米国を自ら孤立させ、米国が築いた国際秩序から後退させた」 --------
4/1 デーリー・サンフランシスコ連銀総裁 ( インフラ計画は)「全体的に成長が押し上げられるものの、インフレが高進することはないだろう」、(利上げについては)「急ぐ必要はない。私が目にする必要があるのは、2%のインフレ率が一定期間続き、さらに一定の期間2%を上回ると予想される状況だ。そうなれば、次の景気拡大期にインフレ率が必ず期間平均で2%になると私は確信できる」 --------
3/31 ラガルド・ECB総裁 「投資家は好きなだけわれわれを試すことができる。ECBは現在、例外的な手段があり、必要に応じて使用する」 --------
3/31 バイデン・米大統領 われわれは誰も置き去りにすることはない」、「誰もが成功すれば、皆がもっとうまくいく」、「米経済を中流階級から構築するべき時だ」、(計画は)「富みだけではなく、勤労に報いるものだ」 米ナスダック指数が買われ、債券は下落。
3/30 クオールズ・FRB副議長 FOMCはインフレ率が目標値の2%を幾らか上回っても問題ないと考えているとの見方は、非常に確実性の高いFOMCのコミットメントであり、私はこれを強く支持する」、「早まるべきではない」、「マクロ経済や金融政策の動向を過去10年だけでなく、15年や20年分まで見ることによって、優れた結果を導きだせるのではないだろうか」 --------
3/25 パウエル・FRB議長 「われわれの目標に向かってさらに大きく前進すれば、徐々に米国債や住宅ローン担保証券の購入を縮小していくだろう。その後さらに長期的には、利上げを可能にするためのテストを設定している」、「つまり、経済がほぼ完全に回復した時、時間をかけて非常に漸進的かつ透明性をもって、緊急時に導入した緩和策を引き上げていくことになる」 --------
3/23 ブレイナード・FRB理事 「見通しは大幅に改善しているが、雇用はコロナ禍前を1000万人近く下回っており、インフレ率は2%を下回る水準にとどまっていることから、経済はわれわれの目標からなお程遠い」 --------
3/23 イエレン財務長官 「経済対策の成立で、国民は生活基盤が損なわれることなくコロナ禍を乗り越えると私は確認している」、イエレン氏は「景気回復の兆候は見られるものの、われわれがどうゆう苦境から抜け出そうとしているのかを直視すべきだ。米国の雇用はなおコロナ前のピークを1000万人近く下回っている」 --------
3/23 パウエル・FRB議長 「今年は年を通じてインフレ率が上昇すると予想しているが、インフレへの影響は特段に大きくはなく、持続的でもないだろうというのが、最もあり得る展開だとみている」、「この四半世紀、経済には強いディスインフレ圧力が世界的に見受けられる」 --------
3/17 パウエル・FRB議長 「金融環境を巡るさまざまな指標を見れば、金融情勢が全般に極めて緩和的である様子を示していることが分かるだろう。そして、それは適切なことだ」、「予測を基に予防的に行動することはしない」、「われわれの目標達成を脅かすような、市場の無秩序な状況や金融環境の持続的なタイト化が見られれば懸念するだろう」 ドル円は109円台から下落。株価は上昇し、長期金利も1.64%台まで上昇。
3/17 FOMC声明文 「経済活動と雇用情勢が示す指標はここ最近は上向いたが、パンデミックによる悪影響が最も深刻だったセクターはなお脆弱だ」、「インフレ率は引き続き2%を下回っている」 --------
3/14 イエレン・財務長官 「インフレのリスクはあるだろうか。小さなリスクはあるが、制御可能だと私は考えている」(一部の物価は上昇するだろうが)、「それは一時的な動きだ」 --------
3/11 ラガルド・ECB総裁 「新型コロナウイルス流行に関する何らかの悪い展開がない限り、現在進行中のワクチン接種と段階的な制限緩和が、2021年中に経済活動がしっかりと回復するとの予想を支えるだろう」 --------
3/4 クノット・オランダ中銀総裁 (ワクチン接種により)「活動制限が解除されるであろう下期については楽観的になる理由があり、市場はそうした楽観を織り込みつつあるということだ」 --------
3/4 パウエル・FRB議長 われわれは広範囲にわたる金融環境を注視している。目標からまだ遠いところにいると考えている」、「われわれも目標達成を脅かすような、市場の無秩序な状況や金融環境の持続的なタイト化が見られれば懸念するだろう」、2%を大きく超えるインフレ期待を生むほどの水準にとどまることは確実にない」 株と債券は大きく売られ、長期金利は1.56%台に急騰。ドル円は107円台前半から107円98銭までドル高に。
3/3 ベージュブック 「新型コロナウイルス感染症ワクチンが一段と普及する中、大半の企業は向こう6−12カ月について楽観的な見方を維持している」、「大半の地区は、今回の調査機関中に雇用水準がゆっくりとではあるが上昇した」 --------
3/2 ブレイナード・FRB理事 「ワクチン接種の増加に加え、実行済みおよび予想される財政投入、緩和的な金融政策は2021年見通しが力強いことを示している」、「いかなる予想も依然かなりの不確実性が伴う」 --------
3/1 バーキン・リッチモンド連銀総裁 (債券利回りの上昇について)「景気見通しが強まっていることを考えれば、驚きはない」、「景気には地平線上の夜明けが見える」 --------
※尚、このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものではございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外為オンラインのシニアアナリスト 佐藤正和