歴史は繰り返す「【ジョージソロスの話】Vol:7」|FX|外為オンライン FX取引 − あなたの為の、外為を。

歴史は繰り返す


ジョージソロスの話



ソロス対BOE(イングランド銀行)



ジョージ・ソロスを語る上で最もふさわしい形容詞は「イングランド銀行を負かした男」というのが、異論のないところだろう。
今回は、ポンドを売り続けたソロス対ポンドを買い続けたイングランド銀行の戦いの話です。
 1990年、イギリスはEC諸国の為替を一定の枠に収めようとする通貨管理体制ERM〔欧州為替相場メカニズム〕に参加しました。

ERMは現在の統一通貨『ユーロ』を実現させるための第一歩でした。
ソロスは、「これは誤った行動だ。」と考えました。

イギリスの経済は強くない。ERMへの加盟はイギリス経済を西ヨーロッパ最強の経済力にリンクさせることを意味する。・・・つまり東西ドイツ統合を完了した 新生ドイツに。

西ヨーロッパの国々の動向を決定する力を持つのは、ヨーロッパで最大の経済力を誇るドイツです。そのドイツに対する依存が、のちイギリスにとって致命的な事態を もたらすだろうと、ソロスは考えたのです。

イギリスの金融政策は、強力なドイツのそれとリンクするしかなくなり、独自の政策を選択することが不可能になるからです。

ソロスが予想したように、1992年、西ヨーロッパに金融危機が訪れました。
イギリスを含む西ヨーロッパのいくつかの国の経済は低迷していました。そのため 金利を引き下げる必要があったのです。

だが、ドイツの中央銀行であるブンデスバンクは、他国の国内事情のために金利を下げることに反対でした。

ドイツ国内の金融を緩和することでインフレが再燃することを恐れたからです。

ドイツはかつて大恐慌によって経済を破壊したインフレを警戒していました。

このブンデスバンクの考え方は今では欧州中銀(ECB)に引き継がれているといえます。

さて、ドイツが金利を引き下げなければ他のヨーロッパ諸国も下げることはできません。

もし金利を引き下げれば、自国の通貨を弱くすることになり、投機筋に標的になりかねないからです。

そのためイギリスは徐々に動きが取れなくなってきていました。

景気が低迷するなか、過大評価されていたポンドに対して切り下げ圧力が次第に強まっていきました。

イギリスは自国の経済を回復させたかったのですが、そのためにはポンドの切り下げが必要でした。そうすれば、輸出がもっと伸びえると考えられました。

しかし、イギリスはERMの規制に従って1ポンド=2.95マルクに設定しておかなければならなかったのです。

このような状況のなか、イギリスはERMにとどまることは不可能だろうとソロスは考えていました。

危機の前兆が見え始めたのは9月の半ばからでした。

イタリアのリラが切り下げられるという噂が市場に流れ始めました。

そして、9月13日(日)リラは7%切り下げられました。

ソロスは、今度はポンドが狙われ、ERMから脱退するだろうと自信を深めていきました。

ポンドに対して攻撃を仕掛けてもいい時機だと考えたのはファンドのチーフ・トレーダーであるドラッケンミラーでした。彼はソロスに相談を持ちかけ、ソロスは彼にゴーサインを出し、ドラッケンミラーが当初考えていたよりも大きな額を投入するよう指示しました。

そして、ドラッケンミラーはソロスのために100億ドル相当のポンドを売ったのです。

 その夜、ソロスは良く眠れたそうです。
翌朝7時、ソロス宅で電話がなりました。ドラッケンミラーからのいい知らせでした。

「全てうまくいった。」との報告でした。

ジョージ・ソロスは眠っている間に9億5800万ドルの利益を上げました。

イギリスではERMから撤退しなければならなかった9月15日を「Black Wednesday」と呼んだが、ソロスはその日を「White day」と呼んだそうです

 このディールは後にも先にも、投資家としてのソロスにとって最大の賭けとなりました。


To be continued・・・
次回は11月4日に更新予定です。


※尚、このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。 本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。


外為オンラインのシニアアナリスト 
佐藤正和

邦銀を経て、仏系パリバ銀行(現BNPパリバ銀行)入行。
インターバンクチーフディーラー、資金部長、シニアマネージャー等を歴任。
通算20年以上、為替の世界に携わっている。
・ラジオNIKKEI「株式完全実況解説!株チャン↑」出演中。
・Yahoo!ファイナンスに相場情報を定期配信中。

全国セミナー 開催予定地
大阪
311日・12
横浜
315
大宮
326
札幌
328日・29
福岡
44日・5
大阪
410日・11
大宮
412
横浜
416
仙台
418日・19
名古屋
423日・24