FX
365FX[くりっく365]
【ISホールディングス】当社はISグループの一員です。
会員ログイン

レンジ相場に強く、トレンド相場に弱いRSIの弱点克服法

この連載では、さまざまなテクニカル指標を紹介して、その特徴や使い方を解説してきました。今度はより実戦に即した応用術を見ていきましょう。

今回取り上げるのはRSIの実戦術です。RSIは「相対力指数」と呼ばれ、DMIやピボットといった指標を開発したアメリカの著名テクニカルアナリスト、J・W・ワイルダーが1978年に考案した指標です。
為替レートの買われ過ぎ・売られ過ぎを示す「オシレーター(振り子)系」指標の代表格として知られ、その計算式は、

RSI(%)=「n日間の値上がり幅の合計」÷「n日間の値上がり幅+値下がり幅の合計」

になります。
RSIが70%〜100%なら買われ過ぎで売りシグナル、0〜30%なら買いシグナルという判断が一般的です。

為替レートがある一定レンジを上下動しているだけの場合、RSIのこの売買シグナルはかなり的確に相場の反転をとらえることができます。しかし、為替相場というのは上昇・下降いずれかの方向性をもって値動きするケースが多く、強いトレンドが発生すると、RSIは常にシグナルを発生して、使いづらい(まったく使えない)ことが実戦上の弱点になっていました。

図1:RSIの使い方と弱点

図1は「ドル/円」の日足チャートに9日の短期RSIのを描画したものです。図の前半部分では1ドル76円〜78円台という非常に狭いレンジ相場が続いており、RSIのの売買シグナルがかなり正確にヒットしています。しかし、図の中央部分の上昇トレンド局面の(1)では、RSIが70%超の買われ過ぎゾーンを一時割り込んで売りシグナルを発していますが、その後も上昇トレンドが続き、典型的なダマシに終わっています。

逆に、図の後半部分の「ドル/円」は一転して下降モードで、(2)の売られ過ぎ圏からの反発で、買いエントリーしても大きく儲けることはできませんでした。

図1のローソク足とRSIの値動きを見比べると、ローソク足自体は比較的大きな値幅を動いているのに対して、RSIはほぼ同じテンションで上下動しており、RSIを見てるだけでは、レンジ相場なのかトレンド相場なのか見分けがつきません。RSIが0〜100%という限られた幅を動く設計になっているので、ある意味、これはしょうがないことかもしれません。

このような欠点を解消するみは、RSIを買われ過ぎ売られ過ぎ指標としてとらえるのではなく、トレンド判断ツールとして利用できることを強く意識する必要があるでしょう。

このページのTOPへ

RSIでトレンド判断する方法とは? 50%ラインを強く意識

値上がり幅が値下がり幅を上回っているのが上昇トレンド、下回っているのが下降トレンドだとすると、

RSI50%以上は上昇トレンド、
RSI50%以下は下降トレンド

と判断することができます。
トレンド・フォローの考え方は、上昇トレンドのときは買いで、下降トレンドのときは売りで勝負するのが原則になります。

そのため、RSIが50%よりも上にあって上昇トレンドのときは、RSIの売りシグナルは使わず、50%ゾーン付近まで下落後に反転症状した時点で買いエントリーすることだけを狙うほうが、確率の高い取引ができます。

具体的にいうと、上昇トレンドにおける押し目買いを狙うわけです。反対にRSIが50%以下で下降トレンドのときは買いシグナルは見送り、戻り売り局面だけで売りエントリーします。
RSI自体のレンジ圏に注目することでトレンド判断を行うこともできます。

図2:トレンド別RSIのレンジ幅

図2は、図1のRSIの上限下限に線を引き、レンジ幅に注目したものです。レンジ相場ではRSIが30〜70%という中央のゾーンに、上昇トレンドでは50%〜100%、下落トレンドでは0〜50%の間をメインに上下動していることがわかります。

要するに、為替レートにトレンドがあらうと、RSIが上下動するレンジが買われ過ぎ・売られ過ぎゾーンに振れやすいということです。

売買ポイントは、RSIがそれまで形成してきたレンジをブレイクしたところになります。単純に70%以上の買われ過ぎで売り、30%以上の売られ過ぎで買いという教科書どおりの判断ではダマシが非常に多くなりますが、RSIにトレンドラインを引いて、そのブレイクをシグナルにするとダマシを極力減らすことができるわけです。

図3:長期・短期RSIとトレンド判断

図3は「ドル/円」の日足チャートに期間の違うRSIを2本描画したものです。J・W・ワイルダーは、RSIの期間設定として14日が最適だと述べ、14日RSIと42日RSIを見比べる方法も有効だと示唆しています。

この場合、14日RSIが42日RSIの上にあって、両方が右肩上がりのときは上昇トレンド。14日RSIが42日RSIの下にあって、両方とも右肩下がりのときは下降トレンド。14日RSIと42日RSIがもつれ合う展開はレンジ相場と判断できます。さらに売買手法としては、

●14日RSIが下落して42日RSIに接触したあと、反転上昇したら買い。
●14日RSIと42日RSIのデッドクロスで売り。
●14日RSIが上昇して42日RSIに接近・接触したあと下落したら売り。
●14日RSIと42日RSIのゴールデンクロスで買い。

となります。

このページのTOPへ

オシレーター系指標もトレンドを意識することで予測精度アップ

図3では、中央部の(1)でいったんゴールデンクロスが成立したものの、それまで上昇しなかったダマシを除くと、ほぼ上記のシグナルが正確に当っています。長短RSIは長短移動平均線よりもかなり早く接近・クロスするので、トレンドの継続や転換を移動平均線などトレンド系指標よりもいち早く察知できる点も非常に便利といえるでしょう。
外為オンラインのブラウザ版チャートでは、3本のRSIを同時に表示できるので、ぜひ使ってみてください。

このように、RSIは買われ過ぎ・売られ過ぎシグナルとしてはダマシが多く、判断に迷う場面が多いように思います。買われ過ぎ=上昇力の強さ、売られ過ぎ=下落力の強さと判断して、トレンド系指標として使う手法も視野に入れると、活用の幅が大きく広がるでしょう。

RSIだけでなく、ストキャスティクス、RCI(順位相関指数)、W%Rなどでも、

●50%ラインの上か下かでトレンド判断。
●指標にトレンドラインを引いて、そのブレイクを狙う。
●期間の異なる線を2〜3本表示してクロスや接近反発を見る。

といった使い方をすれば、より実戦に即した売買判断をすることが可能になるはずです。
図4は、「豪ドル/円」の1時間足チャートにボリンジャーバンドと長短RSIを表示したものです。

図4:RSIとトレンド系指標の組み合わせ

RSIなどオシレーター系指標は単独で使うのではなく、トレンド系指標と組み合わせて使うと、的中率も向上するので、自分なりに相性のいい組み合わせを見つけてみましょう。

このページのTOPへ

トレンドフォローを意識したMACDの使い方とは?

RSI同様、MACDも個人投資家に人気の高い指標です。MACDは指数平滑移動平均線(EMA)の短期線と長期線の値幅を示したもので、MACDがその移動平均であるシグナル線とゴールデンクロスしたら買い、デッドクロスしたら売りという売買判断がもっともポピュラーなものになっています。
短期と超期の移動平均線の値幅(かい離)が広がり、相場がいき過ぎたあと反転する瞬間を狙うという意味では、RSIと同様にオシレーター系指標と考えることもできます。ただし、RSIと違って、為替レートが狭い値幅を上下動しているだけだと、MACDとシグナル線がもつれ合うかたちになって使い物にならず、レンジ相場には非常に弱いという弱点があります。

そのため、MACDは細かい値動きを狙う短期売買よりも、日足、週足チャートなどを使った数週間から数ヶ月程度のトレードにもっとも威力を発揮する指標といえるでしょう。

図5:MACDのシグナルとトレンド

図5は、「ユーロ/円」の週足チャートにMACDとシグナル線、両者の幅を棒グラフで示したMACDオシレーターを表示したものです。MACDとシグナル線が相場のうねりをかなり的確にとらえていることがよくわかります。

ただし、表示期間中は一貫して「ユーロ/円」の下降トレンドが続いており、デッドクロスの信頼度が高く、ゴールデンクロスはダマシが多く、稼げる値幅も少ないことが一目瞭然になっています。

先ほどのRSI同様、MACDにおいても「現在の為替レートが下降かトレンドか」を意識することが非常に重要なのです。MACDがゼロラインより上にあるときは、EMAの短期線が長期線の上にある状態なので上昇トレンド、ゼロラインより下にあれば下降トレンドと判断できます。

図6:MACDのシグナルとトレンド

図6は、「ユーロ/ドル」の日足チャートですが、MACDでは短期移動平均線と長期移動平均線のどちらが上にあるかの分水嶺となる「ゼロライン」に注目すべきです。

MACDがゼロラインより上=上昇トレンドのときは買いで勝負するほうが勝つ可能性が高いので、MACDが下落したあとゼロライン近辺で反転上昇したところを押し目買い。
下降トレンドのときはゼロライン付近まで上昇したものの、失速して反転下落したところを戻り売りする、といったトレンドに忠実なトレードを心がけたほうが勝率がアップするはずです。

FXの基本はトレンドフォロー。いき過ぎた相場が戻る動きに注目した指標ですが、トレンドを無視していたら勝率は下がります。上昇トレンドのときは売りシグナルのみに注目すると、より精度の高い取引をすることができるでしょう。

外為オンライン:高機能チャートの特長

外為オンラインの豊富な機能と美しいユーザーインターフェースを備えたFXチャートツールをご紹介します。

今すぐ無料体験!FXデモ口座開設

このページで使用されたFXチャートツールはすべて無料でお試しいただけます。この機会にFXデモ口座をご体験ください。

※このコンテンツは投資を促すものではありません。
実際の投資に関しては、自己責任において行ってくださいますようお願いいたします。


このページのTOPへ
外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の損失が発生するおそれもあります。外為オンラインFXでは、個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。(法人のお客様の場合は、当社が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の委託証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは金融商品取引業に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。)くりっく365の取引に必要な証拠金額は、取引所が定める証拠金基準額で、個人のお客様の場合は、証拠金額の約25倍のお取引が可能です。(法人のお客様は、証拠金の額がリスクに応じて算定される方式であり、取引所が算定する証拠金基準額及び取引対象である為替の価格に応じて変動しますので、証拠金額のくりっく365取引金額に対する比率は、常に一定ではありません。)取引手数料は、外為オンラインFXでは、取引コースにより1000通貨コースが1ロットあたり片道0円〜20円(税込)、1万通貨コースが1ロットあたり片道0円〜200円(税込)となります。くりっく365では1ロットあたり片道0円〜3,080円(税込)となります。(詳細は取引要綱詳細をご参照ください。)また、本取引に係る法定帳簿の書面による交付を申し出された場合のみ、書類作成送付手数料(1送付当り2,160円(税込))が必要となります。取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。当社は法令上要求される区分管理方法の信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するものではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様よりお預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始にあたり、契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて開始していただくようお願いいたします。
商号:株式会社外為オンライン(金融商品取引業者)  登録番号:関東財務局長(金商)第276号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会(会員番号1544)
口座開設
資料請求
会員ログイン
外為オンラインが選ばれる理由
はじめての方へ
FXデモ体験
FXセミナー
マーケット情報
よくあるご質問
PDFライブラリー
新着情報
メンテナンス情報
サイトマップ
会社概要
開示情報
English / 中文
お問い合わせ
個人情報の取扱について
ご利用にあたって
勧誘方針
採用情報
反社会的勢力との関係遮断に関する基本方針
リスクについて
お客様サポート電話番号:0120-465-104[携帯電話・PHSからも利用可]【受付時間】午前9:00〜午後5:00(土日・年末年始を除く)
support@gaitameonline.com
無登録の海外所在業者による勧誘についてのご注意
マイナンバー 社会保障・税番号制度
FX取引の規制について金融庁証券取引等監視委員会〈情報受付〉一般社団法人 金融先物取引業協会証拠金規制に伴う取引概要の変更について

ISグループのサービス

海外不動産投資するなら:海外不動産投資ドットコム
投資信託するなら:レオス・キャピタルワークスのひふみ投信
カーシェアリングするなら:EARTH CAR (アースカー)
就職活動するなら:就活オンライン
当社はISグループの一員です
登録番号:関東財務局長(金商)第276号(金融商品取引業者)/一般社団法人 金融先物取引業協会加入 会員番号1544
Copyright © 2017 株式会社 外為オンライン All Rights Reserved.
2017年3月1日更新