FX
365FX[くりっく365]
【ISホールディングス】当社はISグループの一員です。
会員ログイン

FXオンライントレードの外為オンラインHOME > マーケット情報 > FX 実戦チャート術 > 第19回 RSI、ストキャスティクスオシレーター系指標の使い方

「買われ過ぎで売り」という逆張りの固定観念は捨て去るべき

今回は相場の過熱感を示すオシレーター系指標の実戦での使い方を検証してみましょう。
オシレーター系指標には、値動き幅に占める値上がり幅の割合を示すRSI(相対力指数)や、現在値が期間中の最高値と最安値の間のどの位置にあるかを示したストキャスティクス、ウィリアム(W)%Rなど、さまざまなものがあります。
短期と長期の移動平均線の乖離幅を使ったMACDや、為替レートの高値や安値の更新力を指数化したDMI(方向性指数)なども、オシレーター系の要素をもったトレンド系指標といえるでしょう。それぞれの簡単な説明を図1に示したのでご覧ください。

図1:オシレーター系指標の仕組みと特徴

オシレーターは英語で「振り子」の意味ですが、その本質は為替レートの値動きの強さを探ることにあります。
為替レートの値動きは、上か下か横ばいかという方向性=トレンドと、値動き自体が強いのか、弱いのかという勢い=モメンタムという2つの要素で決まります。

オシレーター系指標は、主に為替レートの値動きの振幅に注目して、その勢いや強さを計算する指標と考えることができます。 にもかかわらず、一般的にオシレーター系指標といえば、「買われ過ぎ・売られ過ぎ」といった相場の過熱感を示すものと考えられている点に問題があるのかもしれません。

そして、

●オシレーター系指標が70%〜80%まで上昇したら「買われ過ぎ=売り」
●20%〜30%まで下落したら「売られ過ぎ=買い」

という「逆張り」が教科書的な使い方として広く流布しています。
しかし、オシレーター系指標の「買われ過ぎ=売り」シグナルが点灯しても、上昇が止まらないケースが多発します。

とくに、昨今の強烈な円安トレンドなど、「強いトレンドのある相場ではダマシが多発して、まったく使い物にならない」というのが、オシレーター系指標の決定的な弱点と見なされてしまうのです。

このページのTOPへ

オシレーター系指標をトレンドフォローに使うための心得

図2:強いトレンドとRSI、ストキャスティクス

たとえば、図2は一貫して上昇が続いた昨年末から今年初めにかけての「ドル/円」の日足チャートに、RSI(期間14)とストキャスティクスの%K(期間9)と%D(期間3)を描画したものです。

為替レートの強い上昇にともなって、RSI、ストキャスティクスが50%〜100%の買われ過ぎ圏内で推移していることがわかります。 教科書通りの取引をするなら、両者が買われ過ぎゾーンから下落して、上昇の勢いが弱まったところは、売りのチャンスになります。

しかし、強い上昇トレンドが続いているため、図2のAやBのようなオシレーター系指標下落のポイントは売りではなく、絶好の押し目買いチャンスになっています。 トレンドの状況次第で売買シグナルが変わるのは混乱のもとです。図2の場合などは、RSIやストキャスティクスが主に50%以上のレンジ内で上下動していることから上昇トレンドと判断。
売りの選択肢は排除して、50%圏まで下落したあと、再上昇するタイミングで買いエントリーするのが「正解」になります。

強いトレンドでもダマシに惑わされないための方法としては、

(1)かならずトレンドラインや移動平均線などトレンド系指標と組み合わせて使う。
(2)期間の異なる長期と短期のオシレーター系指標を表示させる。
(3)オシレーター系指標が推移してるレンジに注目してトレンドを判断する。
(4)オシレーター系指標の傾きや実際の値動きとの逆行にも注目する。

といった使い方を覚えることが大切です。

もっともポピュラーな使用方法は、あくまでトレンド系指標をメインに使い、その売買シグナルが正しいか間違っているかをオシレーター系指標で確かめるのが一般的です。 値動きに強さや勢いが生まれて、はじめてトレンドは発生します。オシレーター系指標は、トレンド系指標に先回りして値動きの変化に反応しやすいので、その″早期察知能力″をフルに引き出すような使い方を心がけるべきなのです。

図3:移動平均線とRSIの組み合わせ

図3は「ユーロ/ドル」の1時間足チャートに、10時間移動平均線(赤)、20時間移動平均線(青)、RSI(期間14・赤、期間28・青)を表示したものです。

図のAの部分で長短移動平均線がデッドクロスしていますが、その直前には長短RSIが先行してデッドクロス。
その後、30%近辺に張りついた状態になり、強い下降トレンドが続いていることを教えてくれています。
対して、BやCの地点では移動平均線、RSIともにゴールデンクロスが起こって買いシグナルが発生していますが、長短RSIは70%以上に張りつくことはなく、すぐにデッドクロス。 この時点で、先のゴールデンクロスのシグナルが長期的に見た場合、ダマシだったことを教えてくれています。

移動平均線とRSIの長期線と短期線のクロスでは、RSIのほうが反応は早く、ダマシの場合は、すぐ逆方向に転じるので、判断の誤りや売買の失敗を教えてくれる補助ツールとして活用することができるのです。

オシレーター系指標の場合、規則正しいレンジ相場のときは、0%〜100%の間を大きく上下動しますが、強いトレンドが発生したときは逆に、どちらか一方に振れて動きが鈍くなる、という点もしっかり頭に入れておきたいところです。

図3では、Aのデッドクロスが起こったあと、2本のRSIが30%付近に張りついていまが、この状態が続く間は、強い下降トレンド=売り継続と判断できます。

このページのTOPへ

オシレーター系指標の傾きに注目した「ダイバージェンス」「リバース」

図4:平均足とMACD、ストキャスティクス

図4は、「ユーロ/円」の1時間足の平均足チャートに、MACDとストキャスティクスを描画したものです。
平均足チャートは「陽線から陰線に転換で売り」「陰線から陽線に転換で買い」という、非常にシンプルな売買判断になり、図4ではAの地点の陰転で売り、Bの地点の陽転で買えばトレンド転換をとらえて儲けることができました。

しかし、Aで陰転したあとに一時的に陽線に転換したり、Bで陽転したあとに短期的に陰転したりしています。
こうしたトレンド系指標のダマシを見抜く場合、オシレーター系指標にトレンドラインを引いて、その傾きに注目する手法も有効です。

図4の場合、Aの陰転後、MACDやストキャスティクスは一貫して右肩下がりが続いており、その傾きから下降トレンド継続が分かります。 さらに図のBの地点ではトレンド転換が起こり、その後の「ユーロ/円」は上昇トレンドに転換します。図4において、その動きをいち早く察知できるのが、為替レートが下落しているにもかかわらず、ストキャスティクスが上昇を始めていることです。

実際の値動きとオシレーター系指標の方向性が逆行することを「ダイバージェンス」と呼びます。
為替レートが値上がりしていても、上昇力に勢いがなくなれば、オシレーター系指標は下落していきます。上昇力の鈍さがやがてトレンド転換につながるケースがダイバージェンスなのです。

図5は、「ユーロ/円」の日足チャートに、RSI(期間9)とW%R(期間14)を描画したものです。
画面中央Aの部分で、レートが上昇しているにもかかわらず、RSIやW%Rが下落を始めるダイバージェンスが起こっています。

RSIやW%Rが為替レートの上昇力の衰えを事前察知し、実際にレートが下落する予兆となったケースです。
ただ、ダイバージェンスとは正反対の「リバーサル」(「ヒドゥン・ダイバージェンス」と呼ぶこともあります)というシグナルもあります。

これは、上昇トレンドにおける下落局面で、実際の為替レートは安値を更新していないにもかかわらず、オシレーター系指標が過剰反応して安値を更新するほど急落する現象です。この場合は、現実の為替レートの値動きのほうが正しく、上昇トレンドが継続すると判断します。

図5:RSI、W%Rとダイバージェンス&リバース

図5のBの地点がリバーサルの典型例です。
為替レートは上昇途中に一時的な押し目をつけているだけですが、RSIもW%Rも買われ過ぎゾーンから急降下して、最安値をつけています。

リバーサルが起こるのは、上昇力自体が低下したというより、値動きの振れ幅が増した結果です。そのため、現実の為替レートがふたたび勢いを増して上昇を続けるシグナルになるのです。

ただし、ダイバージェンスとリバーサルについては見わけがつきにくく、ダマシに終わることも多いので、あくまで相場予想をするうえの予備知識程度と考えておいたほうが賢明でしょう。
ダイバージェンスやリバーサルだけを根拠にトレードしてしまうのは、リスクが高いと考えています。

このページのTOPへ

オシレーター系指標の「早期発見力」を利用して取引精度を高める

ここまで、「オシレーター系指標=逆張り」という″誤った″イメージを覆し、トレンドの継続を判断したり、トレンド転換の早期発見ツールとして使う手法を見てきました。

最後に、トレンド系とオシレーター系を組み合わせた実戦的なトレードを考えてみましょう。

図6:ボリンジャーバンドとRSI、移動平均剥離率

図6は「ドル/円」の1時間足チャートに、ボリンジャーバンドとRSI(期間14)、単純移動平均線乖離率(対25時間移動平均線)を表示したものです。
「ドル/円」はいったん1ドル90円の大台まで上昇したあと、88円台まで調整。そこから急上昇して91円台に到達しています。

調整後の反転上昇にうまく乗るためには、どのシグナルを頼りにすればよかったでしょう。
反発上昇が明確になった時点では、ボリンジャーバンドのバンドが「収縮(スクイーズ)」から「拡大(エクステンション)」に転じ、為替レートが+2σ越え。強い上昇を明示する「バンドウォーク」が始まっており(Aの地点)、そこが買いのエントリーポイントといえます。

しかし、かなり前から、為替レートが下落しているにもかかわらず、RSIや移動平均乖離率が上昇に転じていて、ダイバージェンスが発生しています(Bの地点)。

さらに、下落にともなって30%〜50%の狭いレンジで推移していたRSIがレンジブレイクして、実際の為替レートに先駆けて上昇を始めていることもわかります(図のCの地点)。

実際のエントリーは、ボリンジャーバンドのエクスパンションが始まった地点まで待って安全を期すべきでしょうが、オシレーター系指標を補助的に使うことで、エントリーシグナルの的中精度を高めることができます。

オシレーター系指標はメインシグナルにはなりません。しかし、相場判断の"早期発見者"や"よき相談役"として、取引精度を高めるために使うには、非常に重要な指標といえるのです。

外為オンライン:高機能チャートの特長

外為オンラインの豊富な機能と美しいユーザーインターフェースを備えたFXチャートツールをご紹介します。

今すぐ無料体験!FXデモ口座開設

このページで使用されたFXチャートツールはすべて無料でお試しいただけます。この機会にFXデモ口座をご体験ください。

※このコンテンツは投資を促すものではありません。
実際の投資に関しては、自己責任において行ってくださいますようお願いいたします。


このページのTOPへ
外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の損失が発生するおそれもあります。外為オンラインFXでは、個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。(法人のお客様の場合は、当社が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の委託証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは金融商品取引業に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。)くりっく365の取引に必要な証拠金額は、取引所が定める証拠金基準額で、個人のお客様の場合は、証拠金額の約25倍のお取引が可能です。(法人のお客様は、証拠金の額がリスクに応じて算定される方式であり、取引所が算定する証拠金基準額及び取引対象である為替の価格に応じて変動しますので、証拠金額のくりっく365取引金額に対する比率は、常に一定ではありません。)取引手数料は、外為オンラインFXでは、取引コースにより1000通貨コースが1ロットあたり片道0円〜20円(税込)、1万通貨コースが1ロットあたり片道0円〜200円(税込)となります。くりっく365では1ロットあたり片道0円〜3,080円(税込)となります。(詳細は取引要綱詳細をご参照ください。)また、本取引に係る法定帳簿の書面による交付を申し出された場合のみ、書類作成送付手数料(1送付当り2,160円(税込))が必要となります。取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。当社は法令上要求される区分管理方法の信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するものではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様よりお預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始にあたり、契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて開始していただくようお願いいたします。
商号:株式会社外為オンライン(金融商品取引業者)  登録番号:関東財務局長(金商)第276号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会(会員番号1544)
口座開設
資料請求
会員ログイン
外為オンラインが選ばれる理由
はじめての方へ
FXデモ体験
FXセミナー
マーケット情報
よくあるご質問
PDFライブラリー
新着情報
メンテナンス情報
サイトマップ
会社概要
開示情報
English / 中文
お問い合わせ
個人情報の取扱について
ご利用にあたって
勧誘方針
採用情報
反社会的勢力との関係遮断に関する基本方針
リスクについて
お客様サポート電話番号:0120-465-104[携帯電話・PHSからも利用可]【受付時間】午前9:00〜午後5:00(土日・年末年始を除く)
support@gaitameonline.com
無登録の海外所在業者による勧誘についてのご注意
マイナンバー 社会保障・税番号制度
FX取引の規制について金融庁証券取引等監視委員会〈情報受付〉一般社団法人 金融先物取引業協会証拠金規制に伴う取引概要の変更について

ISグループのサービス

海外不動産投資するなら:海外不動産投資ドットコム
投資信託するなら:レオス・キャピタルワークスのひふみ投信
カーシェアリングするなら:EARTH CAR (アースカー)
就職活動するなら:就活オンライン
当社はISグループの一員です
登録番号:関東財務局長(金商)第276号(金融商品取引業者)/一般社団法人 金融先物取引業協会加入 会員番号1544
Copyright © 2017 株式会社 外為オンライン All Rights Reserved.
2017年3月1日更新