FXのしくみと魅力をご紹介FXを始める方へ

円高、円安とは?

今年は円高の影響が大きいですね・・・(自動車メーカー勤務)

円高、円安の影響

外貨に対して円の価値が上がっている状態を「円高」といいます。 また、その反対を「円安」といいます。「円高」は、日本円の価値が上がって、相対的に外国通貨の価値が下がる事。1ドル80円が79円50銭になると、より少ない日本円でドルを買えるので円高です。 表示される価格が下がるので、円安のようにも思えますが、価値が低下したのはドルとなります。円高になると外国の製品をより少ない日本円で購入できます。 これはFXでも同様で外国の通貨をより少ない日本円で購入できます。

では、円高や円安はなぜ起こるのでしょうか。変動相場制の中で、円が欲しいと思う人が多ければ、その需給バランスから円が高くなります。実需で考えるなら、貿易企業は商品を輸入するため外貨を必要としますし、輸出企業であれば外貨を受け取り、円に替えるので、円の需要が増すことになります。
たとえば、円高で自動車メーカーに一体どのような影響があるのでしょうか?

5万ドルの車を海外に売りたい場合の図

自動車や家電製品など輸出産業の豊かな日本では、円高になると売上が減ってしまうことがわかります。
逆に円の価値は上がっているので、海外のものが円安の時より安く購入できます。円安の時、1ドル120円であったものが、円高の時には同じ1ドルのものであっても、日本円では80円で購入できるのです。このことから「円高の時の海外旅行はお得」ということになります。

クロス取引

外国為替市場で中心となるのは、米ドルです。この米ドルとユーロや英ポンド、円といった他の通貨との取引で為替レートは決まっていきます。

米ドル以外の通貨同士の取引は「クロス取引」と呼ばれます。この場合の為替レートは米ドルと各通貨のレート(クロスレート)から算出されます。為替取引の世界では、対米ドルの取引を「ストレート」と呼ぶのに対して、米ドルを含まない取引を「クロス」と呼ぶことがあります。例えば、日本円で米ドル以外のユーロや英ポンドなどを売買することを「クロス円取引」といいます。

少額でのお取引は実効レバレッジが高くなりがちです。相場状況によっては当社に預託された金額を超える損失となる可能性もあります。

スワップポイントは各国の金利政策に合せて予告なく変更される場合もございます。
また各国の金利差が逆転した場合、スワップポイントの受取りから支払いに転じることがあります。

>> その他のリスク

全国セミナー 開催予定地
大阪
1216日・17
名古屋
1219日・20
福岡
118日・19
名古屋
122日・23
大阪
129日・30