注文の種類|FXの初心者にFX取引をご紹介|外為オンライン

注文の種類

外為オンラインでは以下の注文方法があります。取引の方法に応じて、しくみを理解しておきましょう。

クイックトレード(成行注文) 指値注文/逆指値注文 OCO注文 クイック+OCO注文 IFDONE注文 IFDONE+OCO注文 トレール注文 リバース注文(途転)

クイックトレード(成行注文)

動画で学ぶFX講座

成行(なりゆき)注文とは、あらかじめ注文の値段(レート)を設定せず、現在の市場の成り行きで行う注文方法のことです。
今すぐに、買注文を出したい、または、売注文を出したい時に行う注文方法です。

指値注文/逆指値注文

動画で学ぶFX講座

指値(さしね)注文、逆指値(ぎゃくさしね)注文とは指定レートに到達した時点で、自動的に注文が成立する注文方法です。
また、注文中のポジションに、決済の【指値/逆指値】注文を入れることも可能です。

指値注文・逆指値注文

買い注文の場合:

現在のレートより「下がってから買う」ために出す注文が指値注文です。「上がってから買う」ときは逆指値注文です。

売りポジションを保有しているとき、決済は「買い注文」ですので、同様に「下がってから決済(買う)」が指値注文となり、「上がってから決済(買う)」が逆指値注文となります。

指値注文・逆指値注文

売り注文の場合:

現在のレートより「上がってから売る」ために出す注文が指値注文です。「下がってから売る」ときは逆指値注文です。

買いポジションを保有しているとき、決済は「売り注文」ですので、同様に「上がってから決済(売る)」が指値注文となり、「下がってから決済(売る)」が逆指値注文となります。

OCO注文

動画で学ぶFX講座

OCO注文

OCO(オーシーオー)注文とは、2つの注文(指値、逆指値)を同時に出しておき、どちらかが成立すると、もう一方はキャンセルされる注文方法です。

クイック+OCO注文

動画で学ぶFX講座

クイック+OCO注文

クイック+OCO(クイック オーシーオー)注文とは、現在の市場の成り行きで行う注文(成行注文)と同時に、指値注文(利食い)と、逆指値(損切り)の注文をあらかじめ出しておける注文方法です。

なお、指値注文、または逆指値注文が約定すると、もう片方は自動的にキャンセルされます。

IFDONE注文

動画で学ぶFX講座

IFD注文

IFDONE(イフダン)注文なら、いくらで買う(売る)という新規の注文と新規注文が成立したら、いくらで売る(買う)という決済のレートを同時に指定することができます。

IFDONE+OCO注文

動画で学ぶFX講座

IFDONE+OCO注文

IFDONE+OCO(イフダン オーシーオー)注文なら、決済のレートを二つ指定できるので、利益がでたらこのレートで決済、損が出てしまったらこのレートで決済、と同時に指定いただくことが可能となります。

トレール注文

動画で学ぶFX講座

トレール注文

トレール注文は、予め指定した幅を保ちながら、高値(安値)を更新する度に、損切りのレートも変動する為、朝起きて、値動きを確認したら、寝ている間に結構利益が出てきたのに、起きた時には相場が戻ってしまっていた。
あの時に、決済しとけば・・・なんて心配も必要ありません。

リバース注文(途転)

動画で学ぶFX講座

リバース注文[途転(ドテン)注文]とは、同一の通貨ペアで、買いポジションを売りポジション(または売りポジションを買いポジション)に、一度で転換する注文方法です。

【利益を確定し、さらにトレンドに乗った注文を出す場合】

  • ケース1
  • 買いポジションAを保有しており、相場が上昇傾向から下降傾向に反転した場合
リバース注文1

この場合、B地点で買ポジションを決済し、利益を確定します。
これと同時に、同じB地点で売り注文を行い、売ポジションを保有します。

これで、買ポジションAの利益確定と同時に、相場の下降を予想し、 売り注文を出して、利益を狙います。

  • ケース2
  • 売ポジションAを保有しており、相場が下降傾向から上昇傾向に反転した場合
リバース注文2

この場合、B地点で売りポジションを決済し、利益を確定します。
これと同時に、同じB地点で買い注文を行い、買いポジションを保有します。

これで、売りポジションAの利益確定と同時に、相場の上昇を予想し、買い注文を出して、利益を狙います。

【損切りを行い、トレンドに乗った注文を出して損失を取り戻す場合】

  • ケース3
  • 買いポジションAを保有しているが、相場が下降し、損失が出ている場合
リバース注文1

この場合、B地点で買いポジションを決済し、損切りを行います。
これと同時に、同じB地点で相場の下降を予想し、売り注文を出して、利益を狙います。

  • ケース4
  • 売りポジションAを保有しているが、相場が上昇し、損失が出ている場合
リバース注文2

この場合、B地点で売りポジションを決済し、損切りを行います。
これと同時に、同じB地点で相場の上昇を予想し、買い注文を出して、利益を狙います。

10. 資産運用としてのFX:前へ 12. 無料デモ体験をしよう:次へ

少額でのお取引は実効レバレッジが高くなりがちです。相場状況によっては当社に預託された金額を超える損失となる可能性もあります。

スワップポイントは各国の金利政策に合せて予告なく変更される場合もございます。
また各国の金利差が逆転した場合、スワップポイントの受取りから支払いに転じることがあります。

>> その他のリスク

全国セミナー 開催予定地
大阪
1025日・26
札幌
1030日・31
仙台
111日・2
福岡
117日・8
大阪
1114日・15
横浜
1116
大宮
1121
名古屋
1122日・23
札幌
1128日・29