スワップポイントとは?|FXの初心者にFX取引をご紹介|外為オンライン

スワップポイントとは?

スワップポイント

FX取引を行うと異なる2つの国の通貨の交換を行うと同時に金利の交換が行われます。各国の金利は異なる為、その差額を調整する必要があり、その金利差調整額がスワップポイントです。低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うことで、スワップポイントを受け取る事ができます。

豪ドル/円を1万ドル買い、金利差が2.4%だった場合、1日約60円程のスワップポイント※を受け取ることができます。1年保有すると約21,900円程になり、FXの魅力のひとつと言われています。

スワップポイントの説明図
通貨によっては支払いも

高金利通貨を売って、低金利通貨を買った場合はスワップポイントの支払いが生じますので、ご注意ください。
また、取引対象通貨国の金利情勢、価格動向その他様々な金融情勢によって日々変化するため、金融情勢の変化により受取額(支払額)が減少(増加)することがあるばかりでなく、受払いが逆転し、当初受取っていたスワップポイントが支払いに、支払っていたスワップポイントが受取りになる場合があります。

詳細はこちら >> 「外為オンライン」取引要綱詳細

06. ロスカットと証拠金判定:前へ 08. 世界にはどんな通貨があるの?:次へ

少額でのお取引は実効レバレッジが高くなりがちです。相場状況によっては当社に預託された金額を超える損失となる可能性もあります。

スワップポイントは各国の金利政策に合せて予告なく変更される場合もございます。
また各国の金利差が逆転した場合、スワップポイントの受取りから支払いに転じることがあります。

>> その他のリスク

全国セミナー 開催予定地
仙台
626日・27
札幌
72日・3
横浜
75
福岡
710日・11
大阪
716日・17
大宮
719
仙台
723日・24
名古屋
730日・31