FXのしくみと魅力をご紹介FXを始める方へ

レバレッジとは?

レバレッジとは?

レバレッジとは「てこの原理」のことです。下の図のように少ない資金を大きく動かすことができます。

例えば1ドルが100円として、左の図の青いドル1つが100ドルとします。そして茶色の円を1万円だとします。普通であれば500ドルを運用するには5万円が必要ですが、下の図のようにレバレッジ(てこの原理のこと)を使えばわずか1万円で500ドルの運用ができます。

レバレッジ(てこの原理のこと)を使えば少ない資金を大きく動かすことができます。

少額の資金で大きな取引ができます

まずは「証拠金」です。証拠金(保証金とも)とは「FX会社に担保として預けておくお金」のことです。 そして、この証拠金の額に応じていろんな国の通貨で、しかも預けたお金以上の運用額で売り買いができるというのはすでにご説明した通りです。

では具体的に、いくらの証拠金に対して、どのくらいの通貨が買えるのでしょうか?
そこには、次のような「証拠金規制」というルールがあります。「個人トレーダーの場合、総取引金額の4%以上の信託(証拠金を預ける)を義務づける」となっております。さて、「総取引金額の4%以上」とは具体的にいくらになるのでしょうか?

一般的にはFXで取引される単位は1 万通貨です。 1万通貨というのは米ドルで取引するなら1万米ドル、ユーロなら1万ユーロになり、NZドルなら1万NZドルということです。 これを円換算すると1 米ドルが120円の時は120万円になり、1ユーロが150円なら150万円になります。

銀行で1万ドルを外貨預金する場合、120万円の資金が必要になります。 しかし、レバレッジを使えば120万円も必要ありません。
ここで、「証拠金規制」というルールが登場します。「個人トレーダーの場合、総取引金額の4%以上の信託(証拠金を預ける)を義務づける」 ことより、120万円の取引をする場合は、その4%以上の48,000円以上の証拠金が必要になります。 つまり、48,000円で120万円の取引ができることからレバレッジの最大は25倍ということになります。 これは、最大の25倍まで使えば120万円の25分の1の48,000 円で取引可能ということになり、最低約48,000円で1万ドル相当の取引をおこなうことができるということです。
銀行の外貨預金と比較すると資金効率が最大約25倍となります。これは、「FXでは少額の資金で大きな取引が可能」ということが言えます。

しかし48,000円しか資金がなく、もし、レートが悪い方向に進んだため、 48,000円を1円でも割り込むと証拠金規制により強制決済されてしまいます。ギリギリの予算で投資をすることは、望ましくありません。 やはり、「ある程度の余裕」を持って投資することをお奨めします。

では「ある程度の余裕」とは具体的にどのくらいのことを言うのでしょうか?例えば、レバレッジが5倍になる投資資金とはどのくらいのことでしょうか?
1ドルが120円だったとして、5 倍のレバレッジを計算してみましょう。計算方法は次のようになります。

総取引金額÷口座資産=レバレッジ

口座に24万円を入れて口座資産を24万円とします。次に1万通貨(総取引金額)のポジション※を保有します。1万通貨とは120円×1万通貨=なので120万円になります。

1,200,000円÷240,000=5倍

※ポジションとは外貨の持ち高のことで、例えば米ドルを1 万通貨「買い」で持っている場合は「ドル円の買いポジションを1枚(1ロット)持っている」といいます。また買いポジションのことをロングポジションとも言いますので、「ドル円のロングポジションを1枚もっている」、またはポジションを略して「ドル円ロングを1枚持っている」ともいいます。逆に米ドルを「売り」で持っている場合は「ドル円の売りポジションを1枚持っている」または「ドル円のショートポジションを1枚持っている」や「ドル円のショートを1枚持っている」といいます。

レバレッジ効果の図

外為オンラインのレバレッジ

外為オンラインでは1倍〜約25倍の範囲でレバレッジを調整できますので、自分のライフスタイルに合った取引を実現することが可能です。
最大25倍というのは、「必ず25倍」の意味ではありません。10倍でも5倍でも1倍でもかまいません。例えば自己資金が120万円で、米ドル円を1万通貨売買すると、1ドル120円として投資総額は120万円になります。この場合、投資総額120万円ですから、レバレッジは1倍になります。自分の資金の範囲にあわせて投資する事が出来ます。つまりレバレッジは、自分の資金に対してどの程度の取引を行うかによって事後的に決まってくるものとなります。

少額でのお取引は実効レバレッジが高くなりがちです。相場状況によっては当社に預託された金額を超える損失となる可能性もあります。

スワップポイントは各国の金利政策に合せて予告なく変更される場合もございます。
また各国の金利差が逆転した場合、スワップポイントの受取りから支払いに転じることがあります。

>> その他のリスク

全国セミナー 開催予定地
大阪
129日・30
福岡
24日・5
名古屋
211日・12
仙台
215日・16
大阪
227日・28