FXのしくみと魅力をご紹介FXを始める方へ

元手はいくらぐらい
必要?

元手はいくらぐらい必要?

FXを始めるのには、いくらぐらいのお金が必要なのでしょうか?

ざっくりと言ってしまえば、5000円から"でも"始めることができます。

一般的にはFXで取引される単位は1万通貨です。1万通貨というのは米ドルで取引するなら1万米ドル、ユーロなら1万ユーロになり、NZドルなら1万NZドルということです。これを円換算すると1米ドルが100円の時は100万円になり、1ユーロが150円なら150万円になります。

しかし、レバレッジを最大の25倍まで使えば100万円の25分の1の40,000円で始められるということになります。外為オンラインの場合一般的な通貨単位の10分の1で取引できる「miniコース」もありますので、さらに10分の1の4000円でも取引可能ということになります。

しかし4000円ではこれを1円でも超えると「強制決済」(※)されてしまいますので、ザックリと5000円ぐらいからというのが最低限必要な資金と言っていいでしょう。 ただし、ギリギリの予算で投資をすることは、望ましくありません。やはり、「ある程度の余裕」を持って投資することが利益を生み出すためには必要です。

強制決済とは投資家の資産を守るため、レバレッジ25倍を超えると、それ以上損失が拡大しないよう、強制的に取引を終了させるルールです。

最低限必要な投資金額は何を基準にすべき?

では「ある程度の余裕」とは具体的にどのくらいのことを言うのでしょうか? 
これをレバレッジという観点から見てみますと、理想的なレバレッジは5倍以内とされています。レバレッジが5倍になる投資資金とはどのくらいのことでしょうか?

1ドルが100円だったとして、5倍のレバレッジを計算してみましょう。計算方法は次のようになります。

総取引金額 ÷ 口座資産レバレッジ

口座に20万円を入れて口座資産を20万円とします。
次に1万通貨(総取引金額)のポジション※を保有します。1万通貨とは100円×1万通貨なので100万円になります。
整理すると下の図のようになります。

1,000,000円(総取引金額)÷200,000円(口座資産)=5倍

ポジションとは外貨の持ち高のことで、例えば米ドルを1万通貨「買い」で持っている場合は「ドル 円の買いポジションを1 本持っている」といいます。また買いポジションのことをロングポジションとも言いますので、「ドル円のロングポジションを1本もっている」、またはポジションを略して「ドル円ロングを1本持っている」ともいいます。
逆に米ドルを「売り」で持っている場合は「ドル円の売りポジションを1本持っている」または「ドル円のショートポジションを1本持っている」や「ドル円のショートを1本持っている」といいます。

100年に1度の事態に備える!?

では、なぜ5倍なのでしょうか?
下のチャートをご覧ください。2008年10月、世界に激震が走った「リーマンショック」の時、最も下落幅の大きかったポンド円の週足チャートです。10月20日の週は始値175.85円、高値179.19円、安値138.89円、終値149.92円となっています。高値と安値の開きはなんと40.3円にもなります。

もし10月20日の週に「そろそろ反転して上昇に転ずるだろう」と予想し、10万円の資金でポンド円を179.19円で1本(1万通貨)「買い注文」を入れたとします。この時点で、すでにレバレッジは18倍です。そして翌週も「これだけ下げたら、そろそろ反転して戻すだろう」などと考え、そのまま保有し続けると、47.19円下がった132円でレバレッジは25倍近くになり、強制決済されることになります。

リーマンショック時のポンド/円週足チャート

ポンド/円 週足チャート

口座資産10万円で1万ポンドの買い注文を入れた場合

口座資産10万円で1万ポンドの買い注文を入れた場合のレバレッジ計算
口座資産10万円で1万ポンドの買い注文を入れた場合の運用資金の計算
口座資産10万円で1万ポンドの買い注文を入れた場合のレバレッジ計算

口座資産20万円で1万ポンドの買い注文を入れた場合

これほどのことは「100年に1度あるかないかの出来事」とその当時伝えられていましたが、めったにあることではないとは言え、こういう事態に対しても備えておくことがFXでは「損失を抑え」「利益を伸ばす」コツになります。

さて、もしこの時10万円ではなく、20万円の資金で買い注文を入れていたらどうなっていたでしょうか?
10万円の時と同じようにポンド円1本の買い注文を入れます。この時点でレバレッジは8.96倍です。そして10万円では強制決済された132円の最安値を付けた時点でも、レバレッジは8.63倍ぐらいに収まっています。大きなマイナスにはなっているものの、まだポジションは残っているので挽回のチャンスもあります。
このことからもせめてスタートする時点でレバレッジが5倍を超えるような投資プランは立てるべきではないということがご理解いただけたと思います。

口座資産20万円で1万ポンドの買い注文を入れた場合のレバレッジ計算
口座資産10万円で1万ポンドの買い注文を入れた場合の運用資金の計算
口座資産10万円で1万ポンドの買い注文を入れた場合のレバレッジ計算

レバレッジは計算しなくても、カンタンに確認できる!

とても便利なレバレッジですが、リスクを回避するためには低めに抑えておいたほうがいいことはご理解いただけたでしょうか? しかしこれを一々計算するのは結構な手間です。ご安心ください!スマホでもパソコン、タブレットからでもレバレッジは一目で確認することができます。
スマホの場合はログインしたら、「メニュー」から「口座状況」へ進んでください。すると一番上に「実効レバレッジ」が表示されます。これがレバレッジになります。パソコンの場合はログインすると表示される「口座状況」の最上部に表示される「実効レバレッジ」がレバレッジになります。

スマホでのレバレッジ表示 メニューボタンをタップし、次に口座状況をタップします
PCでのレバレッジ表示 口座状況の最上部にある実行レバレッジがレバレッジです

大きな相場変動はどのくらい発生する?

ではリーマンショックの後現在に至るまで、為替相場ではどのくらい大きな下落が発生したのか見てみましょう。

●チャイナショック

最初の例はドル円の日足チャートですが、2015年8月24日の大きな下げは俗に「チャイナショック」と呼ばれる出来事です。高値122.02円、安値116.16円その差は5.86円にもなりました。

チャイナショック時のドル円(日足)チャート

●ブレクジット

次は2016年6月24日で英国でEU離脱の投票結果が発表され、離脱派が残留派を上回りました。その結果高値106.84円、安値99.84円、その差は7円にもなりました。

ブレクジット時のドル円(日足)チャート

●米大統領選

そして同じ2016年の11月9日は米大統領選で予想に反してトランプ氏の当選が決まった日です。高値105.88円、安値101.18円、その差4.7円でした。

米大統領選時のドル円(日足)チャート

●フラッシュクラッシュ

そして2019年日本ではまだお正月も明けない1月3日、米アップル株の下落がきっかけとされるフラッシュクラッシュ(注1)が起き、高値108.88円、から安値105.09円へ急落しました。その差は3.79円です。

フラッシュクラッシュ時のドル円(日足)チャート

●最近の大きな相場変動のまとめ

発生年月日 出来事 1日の最大変動幅
2015年8月24日 チャイナショック 5.86円
2016年6月24日 ブレクジット 7円
2016年11月9日 米大統領選 4.7円
2019年1月3日 フラッシュクラッシュ 3.79円

こうして2015年から2019年までで確認してみますと、リーマンショック後もっとも大きかった下落幅はブレクジットの国民投票があった時の約7円ということになります。そしてだいたい年に1回ぐらいはこのようなことがあると考えてよいでしょう。そのことから、いつでも10円ぐらいの下落は起きると考えて、常にこのような事態に備えておく必要があります。これをまとめると次のようになります。

  • スタートするときのレバレッジはだいたい3倍以内に抑えておく。
  • 相場が予想からはずれてレバレッジが5倍を上回るようになったら黄色信号と考えて次の手を準備する。
  • レバレッジが10倍に近づいたら損切りをする準備をし、状況に応じて損切りも実施する。

このような資金管理が実はFXではもっとも大事な事になります。外為オンラインには幸いmini口座もありますので、最初はmini口座からスタートするなど、常に余裕をもった運用を心掛けてください。さて、次はより条件の良いところで注文を入れたり、すこしでも利益を伸ばすために利用できる便利な注文方法があるので、見てみましょう。

少額でのお取引は実効レバレッジが高くなりがちです。相場状況によっては当社に預託された金額を超える損失となる可能性もあります。

スワップポイントは各国の金利政策に合せて予告なく変更される場合もございます。
また各国の金利差が逆転した場合、スワップポイントの受取りから支払いに転じることがあります。

>> その他のリスク